2017-11

写真展「スペイン『巡礼の道』サイクリング」

P7110453_R.jpg

写真展「スペイン『巡礼の道』サイクリング」 始まる

会場:国立市公民館ロビー(東京都国立市中1-15-1、JR国立駅下車徒歩5分)

日時:7月11日(火)から14日(金)まで、9時から17時、メンバーが写真の説明や相談に応じます。21時まで公民館で写真を見ることができます。

入場無料

P7110454_R.jpg

P7110455_R.jpg

スポンサーサイト

写真展「支倉常長と東日本大震災 気仙沼から石巻へ」千秋楽



「支倉常長と東日本大震災 気仙沼から石巻へ」と題した写真展は、今日が千秋楽だった。

PC070420_R.jpg

写真展に行く前に、ベランダのプランターで芽を出したトマトの収穫をした。思い出したのだが、30年ほど前に編集の仕事をしている時に、栃木県にあるキリンビールの研究所へ行ったことがある。植物の種を保存していた。ここで、南米原産のトマトの原種を食べたことがある。

小さな実だった。だが、トマトの香りが強かった。寒さに強い植物だった。そんなことを思い出した。

トマトは、生育条件が十分であれば、1年以上も生き続ける。そんな風に記憶している。

ベランダのトマトにはまだまだ緑色の実がついている。それに、黄色い花も咲いている。12月末まで、1月末までなど、何時まで収穫できるのだろうか。寒さとの関係では、楽しみである。トマトは寒さに強いことを、食べた種を育てて実を収獲する中で楽しめtたらうれしい限りだ。

自分が食べた種から野菜を育てたら、苗を買う必要もなく、農薬の心配もなく、安全な果物を食べることができる。しかも、厳しい環境にも強いと分かったら、定年後の人たちには心強い。楽しいではないか。

PC160426_R.jpg

写真展の留守番に出かける前に、ベランダのプランターを見た。アーモンドが芽を出している。

アーモンドは、梅雨の頃は芽が出ても種の殻に雨などの水分がたまってカビが生えやすい。それで、発芽しても失敗するケースが多い。その点、今のような寒い時期に発芽した芽は、カビにやられることがあまりない。成長が楽しみだ。

DSCN2893_R.jpg

それはさておき、今日は写真展「支倉常長と東日本大震災 気仙沼から石巻へ」の千秋楽。国立駅南口の大学通りは、毎年のように銀杏の巨木にクリスマス用にイルミネーションが準備されていた。

写真展と一橋大学の学食


国立市公民館で開催中の写真展

「支倉常長と東日本大震災 気仙沼から石巻へ」と題した写真展を、国立市公民館で開催中だ。

PC130425_R.jpg

写真展は、12月16日(金)の17時まで。そのあとは、無国籍料理を出してくれる居酒屋さんで打ち上げ。支倉常長と一緒に欧州に渡って帰国したサムライや足軽のことや気仙沼の復興の様子を話したい方は、打ち上げにもどうぞ参加してください。歓迎します。

ただし、写真展は無料ですが、打ち上げは有料です。お酒を飲む人と飲まない人を、2対1とか適当に値段を工夫します。お酒を飲まない方もどうぞ。

尚、公民館は22時まで開いています。仕事帰りに写真を見たい人もお立ち寄りください。写真展の会場は暖房が効いています。一橋大学が近いので散歩もできます。

PC130422_R.jpg

DSCN2907_R.jpg

何時もは公民館の喫茶店でお昼を食べるのですが、今日は一橋大学の学食で食べることにしました。ところが立ち入り禁止。税金を払っているのに、国立大学の構内への立ち入りを禁止するとは何事か。学長出てこい、と言いたいところ。腹が減っていたのですごすごと学内に向かいました。

DSCN2909_R.jpg

突然、古風な建物。

DSCN2910_R.jpg

セメント造りの建物の装飾は、オオカミでしょうか。編集者をしている時に、洋館の建物に施された彫刻を紹介したことああるのですが、どんな意味なのか忘れてしまった。

DSCN2911_R.jpg

学食の近くに、放置自転車がいっぱい。敷地が広いからいいよな。しかも、放置自転車を壊すバカもいないところがいい。

DSCN2914_R.jpg

あらら、放置自転車を撤去する車が構内にありました。私が乗っている買い物自転車よりもダントツでいい。タイヤも新しかった。欲しい自転車もありました。金持ちが多いのかなあ。欲しいなあ。

DSCN2915_R.jpg

ようやくたどり着いた学食。適当に食べたいものをお盆に入れて清算すると、530円。安いなあ。明日は何を食べようかなあ。癖になりそうです。団地に帰りたくありません。

DSCN2918_R.jpg

国立市公民館の写真展の会場へ戻る前に、古風な古民家をのぞいてみました。弓道部の部室を兼ねた弓道場でした。何故か、ここで会ったのは女子大生ばかり。お父さんよりも年上のおじいさんの登場で、うろたえていました。

そんなことでは的に当たりませんよ。平常心、平常心。

支倉常長と東日本大震災 気仙沼から石巻へ


支倉常長と一緒にローマに渡った足軽の子孫と伝えられている友人の弟と、ご先祖様の石碑を探す

写真展のお知らせ

タイトル:「支倉常長と東日本大震災 気仙沼から石巻へ」

日時:12月9日(金)~16日(金) 9時から18時(初日13時から、最終日17時まで,、月曜日は休館日)

会場:東京都国立市公民館 ロビー (東京都国立市1-15-1,JR)国立駅下車、南口徒歩5分)

内容:今年の4月にスペインのコリア・デル・リオにサイクリングで訪れている。この町には支倉常長と一緒にヨーロッパに渡った遣     欧使節の一部が、帰国しないで住みついた子孫が住んでいると伝えられている。姓はハポン。一方、宮城県の気仙沼には、    支倉常長と一緒に欧州に行き帰国した一員の墓があると聞いた。復興の様子を確かめながら、帰国した一員の子孫と一緒     に墓探しをした。来年6月のスペイン「巡礼の道」サイクリングの際に、マドリッド州立大学で写真の一部を展示する。
    入場無料 

主催・問合せ:シルクロード雑学大学 042-573-7667

IMG_0259_R_201612081757385d6.jpg

IMG_0257_R.jpg

IMG_1079_R.jpg

IMG_1002_R_201612081757418a0.jpg

講演「スペイン『巡礼の道』、ペダルを踏んで第2の人生」、大盛況


最終日となったキルギス・サイクリングの写真展

キルギスの写真展も最終日となった。お昼頃から写真展の会場は、定年後らしき年配の人で埋まった。

DSCN2400_R.jpg

12時から昼食。公民館で食べる昼食は、何時ものセットメニュー。パンにはドライフルーツのレーズンとイチヂクが入っていた。それにヨーグルトとゆで卵。それに飲み物。ロビーには喫茶店があるが、障がい者の社会との接点となっている。なるべくここを利用するようにしている。コーヒーもおいしいと評判だ。わたしはチャイが好き。

DSCN2402_R.jpg14時からは、友人の藤本さんの講演。「スペイン『巡礼の道』、ペダルを踏んで第2の人生」を出して話してもらった。

8人ほどで満員となる狭い部屋を借りていた。だが、集まったのは22名。

話を聞いてみると、「ママチャリしか乗っていない」「安い折り畳みの自転車を持っている」、あるいは「洗濯はどうしているか」「水は大丈夫か」など。あまり自転車に乗っていない人、旅行していない人が多かったように思った。参加申し込みを決めた人が少なくとも3名。明日から電話番はどうなることやら。

定年後、自転車で旅をしたい人の多いことがわかった。講師の藤本さんと、たまには、多摩地区で講演会をしようかと話した。

DSCN2367_R.jpg

講師の藤本さんと数名で、「うなちゃんへ行こう」となったが、今日は日曜日なので休みじゃないの、ということでロージナへ。

平日の4時頃、「うなちゃんへ行く」という約束は、直ぐに決まった。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (21)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR