2017-05

自転車事故の友人を訪ねて

17760166_1312175665532299_6940978953196635512_n[1]_R

国立 村山医療センターへ行った。暖かい日で、お昼前に出たのだが、気温はどんどん高くなった。

一昨日、友人の奥さんから電話があり「当人は自転車で転倒して頸椎を損傷。車いすでリハビリをしている」と聞き、他の自転車仲間にも声をかけて様子を見に出かけたのだった。

17796643_1312175702198962_2824735050159231074_n[1]_R

ベッドの上で寝そべっていたが、コーヒーを飲みに行きたいという。看護師さんに頼んで車いすに乗せてもらった。喫茶室のようなところで一緒にお茶を飲んだ。

寝ているだけではストレスもたまるだろうから、たまには外に出ためいのだろう。
わたしが脳梗塞で倒れてリハビリをしている時も、コンビニでもいいから、たまには病院から出たかった。

車いすに乗っているが、頭も口もよく動く。

事故にあったのは1月の末。暗い中を田無から自転車で帰宅する途中だったという。多摩川用水の遊歩道と車道の間には50センチほどの落差のある所があったのだが、暗かったので直進して頭から道路に落ちたらしい。幸いにも車が来なかったので、頸椎損傷以外はかすり傷もなかったという。道路に大の字に倒れたま動けなくなった。通りがかった人が救急車をよんでくれたのだという。

サイクリングを趣味としていたので、足は少しは動くようになったらしい。医師の話しでは、「この年齢だったら、足は動かなくなるんだけど。普段から自転車に乗っているから違うんですね」と驚いているとの話を聞いて、運動をすることの大切さを思い知った。

土日はリハビリも休みで、やることがないらしい。腕はようやく上がるようになったが、新聞紙も持てないのだという。力が入らなくて「つかむ」ということが出来ないらしい。本も持てない、携帯電話も持てない、パソコンもできない。だから、ベッドの上で天井を見ているだけらしい。土日に遊びに行こうか。

リハビリの時間だというので、体育館のようなリハビリ施設まで見送って、病院を出た。
思い出した。30年くらい前に、リハビリのことで取材に来たことのある病院だった。

DSCF0960_R.jpg

病院の前には、大きなこぶしの木があり満開だった。

DSCF0959_R.jpg

病院へ行く前に、薬用植物園に寄っていた。これで時間が遅れたのだが‥‥。

DSCF0957_R.jpg

目的はこの花を見ること。

DSCF0955_R.jpg


先日、サイクリングで恵泉女学園大学へ行ったときに、アーモンドの花だと思っていたきがある。だが、枝についていた枯れた実を採ってみたら桃だった。この施設にアーモンドの木があるので、花の形を確かめたいと思ったのだ。
明日、恵泉女学園大学に行くので、もう一度、花を見たいのだ。

DSCF0954_R.jpg
花をしっかり覚えました。

DSCF0979_R.jpg

病院を出ると、カタクリの花を見に行くという友人たち。お見舞いの3人でサイクリング・スタート。こんなもんか。

DSCF0971_R.jpg

これがカタクリの花らしい。

DSCF0967_R.jpg

こうなっているらしい。友人が小さい頃は、どこにでもある花だったらしい。友人は70歳を過ぎている。世田谷育ちだ。

DSCF0974_R.jpg

ここの桜はよかった。いかにも山の中の花らしかった。桜並木よりも、「あ、さくらがある」という感じでいいのだ。

DSCF0976_R.jpg

雑木林だなあ。

DSCF0965_R.jpg

ミズバショウというらしい。一人の友人は、尾瀬に行くというので、5月に見るのだという。東京でもみられるぜ。

DSCF0980_R.jpg

帰りには、残堀川沿いの桜を楽しみながらサイクリング。桜並木だった。さっきの言葉はどこへやら。

DSCF0983_R.jpg

もっと影も見ながら写真を撮ればよかった。水が流れていたら、水面に桜が写っていたかもと、欲が出た。

DSCF0984_R.jpg

昭和記念公園の近くに、こんな家があった。中はどうなっているのか気になったが、だれも出てこなかった。見ることができなかった。気仙沼から石巻までサイクリングしたときにもこのデザインの家が一軒あった。色はシルバーだった。

家に帰って、入院している友人の奥さんに電話をした。「食事とトイレを自分でできるようになりたい」と言っていたと伝えた。
「前向きだからホッとした」と私の気持ちも伝えた。次回に行くまでに、どれくらい機能が回復しているか。わたしも楽しみにしている。今日の走行は35キロくらいかな。

明日はアーモンドの花見にサイクリングだ。
スポンサーサイト

国立の桜の開花状況



国立の図書館前の花壇。すっかり春。

DSCF0952_R.jpg

今日(4月6日)の国立市さくら通り、さくらの開花状況。昼間から花見をしているのは、おじいさんとおばあさんばかり。ゆとり世代とは彼らの世代の事だったのか。先r尚柄のだ上の方はつぼみなので、満開はもう少し先。

大学通りでは、さくらの撮影に夢中のおじいさんに注意を。自転車道をふさいで写真に夢中です。

原爆作品の保存のお願い



私は学生時代に「原爆作品を読む会」という団体を、大学の枠を超えて主催していた。

様々な方に講師をお願いして、勉強会を行ってきた。メンバーの多くは、マスコミや教員として散っていった。わたしは、あまり自由がなかった。地下生活、そういう時代だった。

img288_R.jpg


当時、原爆文学を研究している長岡さんから、いくつかの色紙をいただいていた。

わたしの部屋にあるだけでは、そのうちにゴミになる。保存して生かしてくれる学校などがあれば寄贈したい。

連絡は、長澤法隆までお願いします。電話080-7940-6040

イスラム映画祭とマホガニーの自転車



イスラム映画さんが今日までだった。慌ててユーロスペースへ出かけた。寒い日だった。

私が観たのは、「花と蝶」というタイの映画、「マリアの息子」というイランの映画。

「花と蝶」は、仏教の国、微笑みの国と言われているタイに暮らすイスラム教徒を描いた映画だった。

「マリアの息子」は、イスラム教を国教としているイランにあって、村の中にあるキリスト教会の牧師と6年生くらいの子供の交流を描いていた。イランにもキリスト教徒はいるし教会もある。テヘランにはゾロアスター教も同じ一角にある。

イスラム教徒もキリスト教徒も共存している様子が表現されていた。日本人には特殊な風景に思える人が多いかもしれないが、イランでは普通にある風景だ。古くからの風景だと思う。

「マリアの息子」で、盲目の男の子がカレーズに入って土をほりだすシーンがある。ヤズドだったと思うが、カレーズ博物館があった。穴掘りに従事したのは、水の流れの音に敏感な盲目の人だったと説明文に書かれていたことを思い出した。

DSCN3190_R.jpg

夕方南青山で開催された自転車活用推進研究会のセミナーに参加した。30年ほど前、フリーライターになったばかりの頃、佐野造船所を取材したことがあった。マホガニーでヨットを作っている、それも船大工だったというので、覚えていた。

その佐野造船所の7代目が、マホガニーの自転車を作っている。今日の講師の一人としてくるというので、懐かしかった。

話を聞いてほしくなった。だが、手作りのマホガニーの自転車は乗用車よりも高い。鹿もすでに注文は一杯で、新規を受け付けていないという。話しの中で久しぶりに「佐野マジック」と言う言葉を聞いた。

当時の原稿や写真はないだろうか。探してみたい。

DSCN3193_R.jpg

写真が見つかったら、佐野造船所に渡してあげたい。

横田めぐみさんに関する写真展



1月6日の朝刊で、10日まで新宿高島屋で横田めぐみさんに関する写真展があるという。だが、7日は新年会で大阪へいった。しかも終電に遅れて帰宅したのは8日。少しは熱がある様子だったので、帰宅するとすぐに休んだが。

15873060_1229942180422315_7200328964996511273_n[1]_R

今日は静かにしている予定だったが、一橋大学の前にある駐輪場へ自転車を取りに行くことにた。だが、自転車があるのを見届けると国立駅へと向かった。新宿へ行くくらいなら、まあいいか。

15965543_1229942093755657_6675891613726881788_n[1]_R

新宿駅にあるベルクというお店に入る。少し遅いお昼とした。お店の壁面では、「デモのある風景」という写真展を開催中だった。

15940390_1229942137088986_2334446203682836060_n[1]_R

このお店のパンもウィンナーも安心して食べられるようだ。

img207_R_20170109235442830.jpg

新宿高島屋の11階で横田めぐみさんに関する写真展を見た。人は多かった。横田めぐみさんが赤ん坊の時から拉致されるまで、成長を時系列に追う様にして写真を展示していた。また、習っていたバレーの衣装、書初めなども展示してあり、涙を受けべて見ている人もいた。絵がとてもうまかった。絵の好きな子だとの印象を持った。

年譜を見ると1964年生まれ、拉致されたのが1977年で13歳の時。拉致されて40年という。サラリーマンでいえば、入社から定年まで拉致されていたことになる。両親は子供と会いたい一心で、その後の人生を過ごしている。国家の犯罪に国家が何もしないのも奇妙なものだ。

横田めぐみさんは、新潟市立寄居中学校にかよっていたというが、この中学校は官庁や大手企業の転勤族の子弟が多い。また、近くに新潟大学理学部があり、この辺りに私は出かける事が多かった。

友人の高世仁さんが「拉致」と題する本を出しているが、写真展を見た後にでも読んでほしい。私も、もう一度読んでみたいと思った。拉致現場と新潟大学理学部の位置関係も知りたい。

img206_R_201701092354410d7.jpg

横田夫妻と同じマンションに住む有志が「あさがおの会」という団体を設立して、横田夫妻の支援をしているという。そのパンフレットが上記のもの。北朝鮮に拉致されている横田めぐみさんが、曽我ひとみさんに朝顔の押し花を贈ったことにちなんだ名称だとパンフレットにあった。横田めぐみさんの人柄が伝わっって来るような、名称だと思った。

出口には拉致被害者の救出を訴える署名簿もある。

あさがおの会のホームページ

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (8)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (31)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (14)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (19)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR