2017-04

西安の自転車事情。2016年西安歴史ウォーキング、その1


西安の街の北側を流れる渭水の畔。高層ビル街は、西安の郊外。

3月21日、中国から帰国しました。今朝は6時にホテルを出て空港へ。北京空港で5時間の時間待ち。機内で寝てあっという間に帰国しました。

IMG_0013_R.jpg
西安の北を流れる渭水、川の畔は散歩コースのようだ。

3月15日、歴史ウォーキングの1日目に、渭水の畔を歩いた。

IMG_0043_R_201603212300054fa.jpg
西安ウォーキングと言っても、1日目は咸陽市。桃の花が満開の季節だった。

IMG_0059_R.jpg
シティーバイクを咸陽市ではよく見かけた。ドタバタで値段は調べなかった。貸し出されていることは確か。貸し出した自転車が特定の地域に集まってしまうのか、トラックで移動している様子も見かけた。

IMG_0077_R.jpg
何やら、硬い人生を歩む人が勤めている建物の前。どちらかというと、中年の人がこの自転車を利用しているようだった。中学生や高校生は、自分の自転車を乗り回している。ロードはあまりなく、ほとんどがマウンテンバイクだった。

IMG_0116_R.jpg
まだ開通していない道路をサイクリストの集団がツーリングに利用していた。30名ほどのグループだった。ほとんどの人がヘルメットをかぶっていた。モーターバイクの人よりも、ヘルメットの着用率は高いように思った。恰好から入るのが基本のようで、一目でサイクリストと分かる服装が多かった。

IMG_0250_R.jpg
渭水の畔には、川の両側に片道15キロのサイクリングロードがある。レンタルもしているようで、ヘルメットをかぶらないサイクリングの人が多かった。服装も普段着だった。

IMG_0189_R.jpg
こちらは、昔々、馬の手綱をしばっておくポールとのこと。名前は忘れた。博物館の庭なので、あつめているようだ。よく見たかったが、時間があまりなかった。というか、見る知識がない。

IMG_0007_R_2016032123010843d.jpg
ヘルメットをかぶらない3人乗りのバイクもいた。大学生のようだった。渭水に架かる橋からの下り坂だったが、とても危ない。注意する警察官はいなかった。そういえば、自転車に乗った警察官はいなかった。パトカーかバイクだった。

取り急ぎ自転車事情の報告。
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

silkroadcycling

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (8)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (39)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (14)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (19)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (35)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (1)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR