2013-07

梅里雪山からきた留学生の講演会

8月11日(日) シルクロード雑学大学の定例会は13時30分から、講演会は15時からです。

講演会では、同志社大学に留学しているチベット人の女性ペマツォモさんが、雲南省に暮らすチベット人の暮らしぶりを紹介します。チベット族に伝わる伝統的な歌も披露されます。

尚、講演会は、10月から11月に計画されている「小林尚礼とゆく梅里雪山の旅」の説明会もかねています。

詳しくはシルクロード雑学大学をクリックしてホームページを見てください。

小林尚礼さんのホームページでは、講師のペマツォモさんを紹介した新聞記事も拝見できます。
スポンサーサイト

キルギスで日本人捕虜の足跡を追う

キルギスユルタ

明日(7月30日)は、中央アジアにあるキルギス共和国へサイクリングに出かける。日本人のオヤジ3名のサイクリングに、キルギス人のオヤジが加わる国際交流を兼ねたサイクリングでもある。

キルギス共和国の東部にあるイシククル湖は、周囲が650キロメートルある。これを一周しながら、南岸にあるタムガ村により、1946年から1948年にかけて日本人捕虜が建てた診療所を訪問する。

ラーゲリで日本人と一緒に働いたことのあるキルギス人、子供の頃に日本人捕虜が働いているのを見たことがあるという村人にインタビューし、歴史の空白を紐解くサイクリングだ。どんな話しを聞くことができるか、楽しみにしている。

8月10日に帰国の予定。

イタリアから帰国しました

7月26日、イタリアから帰国しました。

ローマでは、アッピア街道を歩きのんびりと過ごしました。

サイクリングの走行1日目の7月12日、メンバーの一人が転倒して頭部を打撲。救急車でチビタベッキアの病院へ搬送され、さらに精密検査が必要とのことでローマの病院へヘリで搬送されました。

わたしはローマへ電車で移動して、4日ほど病院前のホテルに宿泊して付き添いました。

けが人は、当初から意識もあり、医師に英語で症状を伝えたり、説明を受けたりできました。安静にしていれば、障害が残るようなことはないとのことです。すでに帰国して、国内の病院でも診察を受けています。ホッとしています。

イタリアの病院は大変ですね。救急病棟では、痛みを訴える患者が優先で、我慢していて「大丈夫です」なんて言っていたら中々診てもらえません。CTの検査の予定を言われても、当日は待ち時間が多く、いつ始まるのか不明。

医師の回診も時間が読めません。病院でも、イタリアにはイタリアの時間が流れています。

ミラノまでのサイクリング、8名でゴールしました。

ミラノでの自由時間には、電車で1時間ゆられてバイオリンの聖地とも言われているクレモナへ行ってきました。メンバーの市川さんの知人で、日本人のバイオリン製作者の石井さんの工房を訪ねました。

東日本大震災で被災した材木を使ってバイオリンを作ったニュース、材木を乾燥させる時間、ニスの乾く時間などを考えると時間的に難しく、調べたら主にヨーロッパの材木を使っていたことが判明。NHKに石井さんは抗議したとのこと。捏造した美談はいつか、石井さんのようなバイオリン製作の専門家からの指摘が増えることでしょう。

詳細を追いかけたいものです。

7月30日からはキルギスです。サイクリング時々、イシククル湖で泳いできます。

イタリアサイクリングでも東北の被災地を紹介

東北応援
大槌の方が党内で開催した写真展で展示された写真

許可を得て複写しています。

2013年4月28日、私は都内の病院で心臓の手術を受けた。フリーランスのライターとしては、一刻も早く現場の状況を伝えたいと思った。

しかし、手術の日程は決まっているし、体も動かない。その後、仕事も重なり、東北の被災地に入ったのは、10月の末だった。

気仙沼の小学校で講演を行ない、自転車で2日間かけて、なんとか石巻駅までたどり着いた。宿はなかった。

その道のりは、峠を越えても港町に到着しても、吼える犬も、甘える猫もいなかった。空を舞う鳥もいなかった。自動販売機もなかった。

2013ンwんの今、日本国内では、株の値段と選挙が大きな話題になっている。

これでいいのか。東日本大震災と被災者のことは、すっかり忘れられている風に思える。

しかし、大学の同級生や同窓生、多くの方たちが、身内を失った悲嘆に暮れ、福島第一原発のトラブルもあり、明日が見えない。この状況は今も変わらない。

そのことを伝えたいと願い、30枚の写真をプリントし、イタリアへ持参することにした。

津波の犠牲者のこと、今も様々な事情で地震の前の暮らしに戻れない多くの人がいることを、わたしは自転車の旅を通して伝えたいとと思っている。

応援よろしくお願いします。

「ユーラシア大陸横断サイクリング2013」のレポート シルクロード

7月9日から26日までイタリアの予定です。10日間だけですが、ローマからミラノまでサイクリングの予定です。シルクロード雑学大学のホームページでレポートを書こうと思っていましたが、ホームページの「サイトを送る」をできない状態になりました。

ブログでレポートしたいと思います。よろしくお願いします。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (8)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (29)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (14)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR