2017-04

自転車事故の友人を訪ねて

17760166_1312175665532299_6940978953196635512_n[1]_R

国立 村山医療センターへ行った。暖かい日で、お昼前に出たのだが、気温はどんどん高くなった。

一昨日、友人の奥さんから電話があり「当人は自転車で転倒して頸椎を損傷。車いすでリハビリをしている」と聞き、他の自転車仲間にも声をかけて様子を見に出かけたのだった。

17796643_1312175702198962_2824735050159231074_n[1]_R

ベッドの上で寝そべっていたが、コーヒーを飲みに行きたいという。看護師さんに頼んで車いすに乗せてもらった。喫茶室のようなところで一緒にお茶を飲んだ。

寝ているだけではストレスもたまるだろうから、たまには外に出ためいのだろう。
わたしが脳梗塞で倒れてリハビリをしている時も、コンビニでもいいから、たまには病院から出たかった。

車いすに乗っているが、頭も口もよく動く。

事故にあったのは1月の末。暗い中を田無から自転車で帰宅する途中だったという。多摩川用水の遊歩道と車道の間には50センチほどの落差のある所があったのだが、暗かったので直進して頭から道路に落ちたらしい。幸いにも車が来なかったので、頸椎損傷以外はかすり傷もなかったという。道路に大の字に倒れたま動けなくなった。通りがかった人が救急車をよんでくれたのだという。

サイクリングを趣味としていたので、足は少しは動くようになったらしい。医師の話しでは、「この年齢だったら、足は動かなくなるんだけど。普段から自転車に乗っているから違うんですね」と驚いているとの話を聞いて、運動をすることの大切さを思い知った。

土日はリハビリも休みで、やることがないらしい。腕はようやく上がるようになったが、新聞紙も持てないのだという。力が入らなくて「つかむ」ということが出来ないらしい。本も持てない、携帯電話も持てない、パソコンもできない。だから、ベッドの上で天井を見ているだけらしい。土日に遊びに行こうか。

リハビリの時間だというので、体育館のようなリハビリ施設まで見送って、病院を出た。
思い出した。30年くらい前に、リハビリのことで取材に来たことのある病院だった。

DSCF0960_R.jpg

病院の前には、大きなこぶしの木があり満開だった。

DSCF0959_R.jpg

病院へ行く前に、薬用植物園に寄っていた。これで時間が遅れたのだが‥‥。

DSCF0957_R.jpg

目的はこの花を見ること。

DSCF0955_R.jpg


先日、サイクリングで恵泉女学園大学へ行ったときに、アーモンドの花だと思っていたきがある。だが、枝についていた枯れた実を採ってみたら桃だった。この施設にアーモンドの木があるので、花の形を確かめたいと思ったのだ。
明日、恵泉女学園大学に行くので、もう一度、花を見たいのだ。

DSCF0954_R.jpg
花をしっかり覚えました。

DSCF0979_R.jpg

病院を出ると、カタクリの花を見に行くという友人たち。お見舞いの3人でサイクリング・スタート。こんなもんか。

DSCF0971_R.jpg

これがカタクリの花らしい。

DSCF0967_R.jpg

こうなっているらしい。友人が小さい頃は、どこにでもある花だったらしい。友人は70歳を過ぎている。世田谷育ちだ。

DSCF0974_R.jpg

ここの桜はよかった。いかにも山の中の花らしかった。桜並木よりも、「あ、さくらがある」という感じでいいのだ。

DSCF0976_R.jpg

雑木林だなあ。

DSCF0965_R.jpg

ミズバショウというらしい。一人の友人は、尾瀬に行くというので、5月に見るのだという。東京でもみられるぜ。

DSCF0980_R.jpg

帰りには、残堀川沿いの桜を楽しみながらサイクリング。桜並木だった。さっきの言葉はどこへやら。

DSCF0983_R.jpg

もっと影も見ながら写真を撮ればよかった。水が流れていたら、水面に桜が写っていたかもと、欲が出た。

DSCF0984_R.jpg

昭和記念公園の近くに、こんな家があった。中はどうなっているのか気になったが、だれも出てこなかった。見ることができなかった。気仙沼から石巻までサイクリングしたときにもこのデザインの家が一軒あった。色はシルバーだった。

家に帰って、入院している友人の奥さんに電話をした。「食事とトイレを自分でできるようになりたい」と言っていたと伝えた。
「前向きだからホッとした」と私の気持ちも伝えた。次回に行くまでに、どれくらい機能が回復しているか。わたしも楽しみにしている。今日の走行は35キロくらいかな。

明日はアーモンドの花見にサイクリングだ。
スポンサーサイト

「ぺダリアン」のお知らせ



数日前に「ぺダリアン」が届いた。日本アドベンチャーサイクリストクラブという団体が発行している。

この団体のメンバーの中には、自転車で世界一周した人がたくさんいる。

若い時に世界一周して、昨年から今年にかけてアフリカを走って喜望峰に達した58歳のサイクリストのことが報告されていた。

高校生と中学生の二人の娘と一緒にマレーシアを走った49歳の報告もあった。

img347_R.jpg

定年後に海外を走っている事例が報告さ入れたこともある。

入会を希望する人はこちらをクリック





«  | ホーム |  »

プロフィール

silkroadcycling

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (8)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (39)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (14)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (19)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (35)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (1)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR