2017-10

5月19日(月) ルカートからアルジュレス・シュル・メール 最終日

IMG_1085_R.jpg


5月19日(月) ルカートからアルジュレス・シュル・メールへ

「ユーラシア大陸横断サイクリング」第2次遠征も最終日を迎えた。向かい風の中を連日100キロを走る日が3日続き、早く終わってほしいという気持ちを持ったメンバーもいるかもしれない。しかし、毎回のことだが最終日は寂しいものだ。

しかも今回の最終日は、スペイン国境まで進むことは時間的な制約があり、40キロほどの走行ののちに、自転車を解体して輸送の準備。スペインの道路事情に詳しくないフランス人スタッフの事情も考慮して、お昼頃に走行を終えることにした。

ルカートの朝は、雨が降りそうな空模様。

IMG_1103_R.jpg

それでも、8時30分に走り始めた。雨が降ることを前提として、カッパなどを着込んでの出発だった。

IMG_1108_R.jpg

ヨーロッパ各国のサイクリングロードを結ぶユーロヴェロという計画がある。ユーロヴェロは12本からなる構想だ。わたしたちが走っているのは、道路の標示を見るとユーロヴェロ8で、スペインとギリシャなどを結ぶ地中海ルートのようだ。

IMG_1123_R.jpg

時には短いトンネルもあるが、車が通らないので安心感がある。

IMG_1127_R.jpg

ユーロヴェロ8、ちょっと路面や標識もしっかりしてきた。構想は着々と進んでいるようで楽しみだ。

IMG_1138_R.jpg

道路脇の畑を見るとどこかで見た野菜がある。アーティチョクの畑だった。八百屋さんでは見たけれど、こんな風にしてなっているのか。始めてみた光景だった。

IMG_1141_R.jpg

野イチゴも道路わきに自生していた。日本でも中国でも見かけた。旅人のお腹を満たした時代もあったのだろうか。

IMG_1147_R.jpg

ローマ街道といえばやはり松の並木。一部に復元した松の並木を見かけることができた。木陰を作ったりや風をさえぎるためにも、松の並木を伸ばしてほしいものだ。

IMG_1148_R.jpg

先ほどまで雨の心配をしていたが、青空が広がってきた。

IMG_1129_R.jpg

サイクリングロードにかかる橋は、同じデザインで統一されていた。この地域だけなのかもしれないが。

IMG_1160_R.jpg

北風と太陽、ではないけれど、陽が照るほどに気温は上昇し、雨の用意は不要となった。

IMG_1161_R.jpg

11時には30キロメートル進んだ。気温は20℃を超えていた。

IMG_1165_R.jpg

海岸脇のサイクリングロード、八百屋も出ている。

IMG_1107_R.jpg

ちょっと前には住宅街に魚屋も出ていた。バカンスの人を対象としたお店なのだろう。

IMG_1177_R.jpg

波の強い海岸は、砂が流れないように護岸工事を施していた。

IMG_1208_R.jpg

砂浜は、ブルドーザーのような車両を使ったのだろう、きれいに清掃されていた。車の轍だけが砂浜に残されていた。これからパラソルなどが並ぶのだろう。砂浜が夏を待っている。

か。IMG_1191_R.jpg

40キロ走ってアルジュレス・シュル・メールに到着したのは、12時だった。

ここからは車でフランスとスペインの国境を通過し、スペインのバルセロナへ向かう。自転車を輸送する準備をした。ペダルの外れにくい自転車が2台あったが、何とかなった。あまり乗りなれていないのだろうか。

IMG_1198_R.jpg

強風の中で百瀬夫妻が最後の昼食の準備に取り組んでいた。

IMG_1193_R.jpg

サイクリングロードを見ればフランス人の若者が、疾走していた。

今回のコースは、「ガリア戦記」に関係のある地域の走行でした。
来年のルートは、バルセロナからマドリード。1613年に日本を出港した支倉常長などの慶長遣欧使節の廻ったルートをなぞるようなコースです。
1年かけて、日本人や日本との交流の足跡を調べて、サイクリングに臨みたいと思っています。

最後までレポートを読んでいただきましてありがとうございます。また、参加者の皆さん、お疲れ様でした。けが人のなかったことが、一番のいい結果かと思います。

順次、写真や動画を通して、フランスの様子を伝えていきたいと思っています。今後もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/143-b4ab6236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR