2017-10

シルクロードの日本人捕虜 キルギス 

キルギスの証言者
小学生のときに日本人捕虜を見たキルギス人証言者

『天山の小さな国・キルギス』(三井勝雄著、東洋書店)を読んだのは、2006年のことだった。このブックレットには、「日本人捕虜と一緒に働いたことがある」あるは「子供の頃に日本人捕虜が働いているのを見たことがある」といったキルギス人の証言が紹介されていた。日本人捕虜とは、一般にシベリア抑留者と言われる人たちのことで、日本の敗戦後、ソビエトにより捕虜としてとらえられ、ソビエト各地で労働を強いられた人たちだ。兵士に限らず民間人も捕虜になっていた。

証言は、キルギス共和国の東部にあるイシククル湖の周辺を中心として、証言者の写真と共に紹介されている。丹念に取材していることは、一読して分かった。しかし、当事者である「日本人捕虜」の証言がなかった。裏が取れていない状態だった。

また、三井勝雄氏に連絡をしたら、取材した人たちに『天山の小さな国・キルギス』を届けていないことがわかった。取材は2002年までに終え、ブックレットは2004年2月に発行されている。

2007年、イシククル湖の南岸にあるタムガという村を訪問し、キルギス人の証言者に『天山の小さな国・キルギス』を届け、証言を確認し、その前後に玄奘三蔵が天山山脈を越えたベデル峠をめざすサイクリングを計画した。

ベデル峠は、100キロ以上手前から軍の管轄となることもあり、あの手この手を使ったが、兵士により12キロほど手前で行く手を阻まれた。それでも、標高3800メートルの高原でアップダウンを繰り返すサイクリングは爽快だ。360度、どこを見ても雪山がそびえている。中国への国境が閉鎖されているルートなので、車の往来はない。凸凹の路面が、マウンテンバイクでの走行を待っている風でもあった。時には馬に乗った子供と併走して、高原を楽しんだ。

タムガに戻って、ゲストハウスのご主人の前に本を広げて
「この女性に会って、本を渡したいのですが」
と伝えると、
「家の後ろに住んでいるよ」
との返事だった。すぐに案内してくれた。

女性の名前はマリア。73歳だった。
「小学生6年生の時に、日本人は船でタムガへやってきました。彼らは、サナトリウムの診療所や桟橋とサナトリウムを結ぶ階段の工事をしていました」
と、日本語の読めないマリアさんが、ブックレットの記述と同じ証言を始めた。三井先生から預かったとの言葉を添えて手渡した。

突然、男性が話しに加わった。
「わたしも日本人と一緒に働いたことがある。17歳の時でトラックドライバーだった。日本人をトラックの荷台に乗せて、バルスコーン渓谷やカラコルへ行った」
と話し詳細な証言を続ける。斜め向かいに住んでいるという。証言者は他にもいるようだ。新しい証言を発掘できるかもしれない。

タムガには、ソビエト時代に国防軍の高級将校の保養所として開設されたサナトリウムがある。ソ連崩壊後は、キルギスの国防軍の管轄になっている。宇宙飛行士のガガーリンなども利用しており、サナトリウムの歴史を伝える資料室に、大きな写真を飾っている。

日本人捕虜は、サナトリウムの中にある泥治療の診療所の建設に関わっていた。この診療所は、現在も利用されている。診療所に勤務する看護師の女性は、
「日本人には感謝しています。この診療所があるから、ソビエト各地からサナトリウムを利用する軍人が集まってきて、タムガの人はとても助かっています」
「スパシーバ(ありがとう)と伝えてください」
と繰り返した。

タムガの村人の発する元日本人捕虜への感謝の言葉。この言葉を当事者である元日本人捕虜に伝えたいと思い、帰国後にサナトリウムや証言者、キルギスの風景などを伝える写真展を開催。こうしてタムガで捕虜として過ごした日本人探しが始まった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/16-fcf93c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR