2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギスから映画監督がやってきた


左端がキルギス共和国内にあったらラーゲルで労働を強いられた宮野泰さん(88歳)

中国の西安からイタリアのローマまで見聞する『ツール・ド・シルクロード20年計画』は、1993年にスタートした。だが、1999年には、中国のカシュガルからキルギス共和国へと、国境となる天山山脈を越えるのに苦労した。

天候、

政治、

怨念。

いろいろあるのだが。2013年までに6回チャレンジしているが、今も30キロメートルほど走っていない道路が残っている。

6回チャレンジする間にキルギスのことを調べると、キルギス人の間に「日本人と一緒に働いたことがある」といった言い伝えが、親や祖父母から子供に伝わり噂になっている町や村のあることがわかった。日本国内で写真展を開催し、報告会を重ねて開催し、2007年になんとか元日本兵をみつけることができた。

日本の厚生厚生労働省は、元日本兵の中でも亡くなった方のいるラーゲルしか記録していない。ところが、キルギスにあり、元日本兵が抑留されていたラーゲルからは、全員が復員している。125名いたのだが、なくなった方が一人もいなかった。厚生労働省の調査と記録では、このようなケースはカウントされていない。

150627niigata_R_20150706162135bbb.jpg
新潟日報20015年6月27日の朝刊、キルギス人の映画監督が元日本兵のインタビューのために来日していることを伝えている。わたしは入院中も携帯電話とパソコンで連絡を取り、映画監督が取材できるようにと務めた。

2008年に探し出した元日本兵と一緒に、シルクロード雑学大学のメンバーはキルギスを訪問した。キルギスの新聞4社、テレビ局4社ほどが同行取材をした。その報道から、キルギス人の映画監督も取材のために来日するようになった。

IMG_2262_R_20150706131725338.jpg

2010年、キルギスでボランティア活動をしているJICA青年海外協力隊のメンバーなどの力を借りて、元日本兵の抑留されていたことを伝える「キルギス平和センター」を開設できた。シルクロード雑学大学が呼びかけたのだ。ボランティアの方には、寒い中とてもお世話になった。ありがとう。

キルギス人の映画監督による映画は、11月に封切りの予定だ。映画を見て、キルギスで元日本兵の働きぶり、生活ぶりなどを聞く旅をして欲しい。戦争を知らない世代の若い日本人にこそ。そして、若いキルギス人と話して欲しい。

「キルギス平和センター」にも足を運んで欲しい。キルギス人から、70年前の日本人の印象を聞いて欲しいと願っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/183-339ebca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。