2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックを読んで自転車旅を楽しむ。サイクリングも楽しもう。


「サイクル野郎」荘司としお著、少年画報社、昭和54年発行、アマゾンでは全37巻セットで31424円より

昭和時代の漫画。この時代はコミックとは言わなかった。漫画本。私は61歳だが、当時は私のような年代のオトナが電車でマンガを読んでいる姿は見かけなかった。今は普通。「子どもに『見ちゃいけない』といっているから」と言って、コミックを網棚に放り投げているおじさんの姿も、電車ではよく見る。

「サイクル野郎」が描いているのは、サイクリングだ。それも長距離。いまでは、ロードで日帰りのツーリングのためのノウハウは雑誌で紹介している。でも、何ヶ月もサイクリングするためのノウハウを紹介しているケースは少ないように思う。自転車旅行もコンビニになったのか。便利、簡単、速い。それもいい。でも、自転車にもいろんな魅力がある。魅力の一つを紹介している。

「サイクル野郎」はオンデマンドで、1冊2500円。セットでは37冊で3万円ちょっとくらいから7万円近いものまである。安いのは早い者勝ち。もっと安いものに出てほしい。雑誌でサイクリングの紹介は少ないが、こんな漫画を読みたいという読者は多い証拠が、オンデマンドの存在か。若い人にはぜひ読んでほしい。決められた道を走るよりは、自分で決めた道の向こうをめざして欲しい。

コミックの編集者さん、サイクリング物も出してください。日本サイクリング協会って、ありましたね。四国サイクリング月間、佐渡サイクリング月間などあってもいいように思う。その月は、道のあちこちでサイクリストに会う。地元の人はサイクリストにおもてなし、てな具合に。

img097_R.jpg
「かもめ チャンス」玉井雪雄著、小学館、1冊の定価514円。全20巻。アマゾンで1円より

銀行に勤めるサラリーマンが、ひょんなことから140万円もする自転車を壊してしまい、弁償するために、無理やりトレーニングをさせられてレースに出る話。60パーセントから80パーセントの足で登ってほかの力は残しておけなど、ツーリングにも参考になる話が多い。

img098_R.jpg
「ツール!」大谷アキラ著、栗村修監修、小学館、1冊453円より、アマゾンで1円より

自転車レース好きの父を持つ少年が、ツール・ド・フランス総合優勝を夢に見るコミック。今の時代の主流と言えるストーリー。レースの好きな人にはたまらない1冊のようです。

img099_R.jpg
「南鎌倉高校女子自転車部」松本規之著、マックガーデン、本体571円、アマゾンでは1円より

表紙を見て買った。でも、よく見たら変だった。ロードを引いている女の子が、どうしてスカートをはいているのかと疑問。それにしても目が大きい。とは言っても、ギアの落とし方など、初心者が自転車を覚えるにはいいようだ。優しく教えてくれる感じ。

img100_R.jpg
「のりりん」鬼頭莫宏著、講談社、本体600円、アマゾンでは1円より

「のりりん」の意味は何か。タイトルが不思議。だが、インターネットで登場人物の一欄表を見ていたらなんとなくわかってきた感じがした。こういうのを見るってこと、つまり登場人物が紹介されているってことは、人間関係が複雑ってことなのか。

自転車嫌いが、急に自転車に乗る羽目になったコミックだが、著者は自転車のことをよく知っている風。


我が家に、自転車を題材としたコミックはもっとあった。だが、近所に住む友人にあげた。団地住まいの我が家では、置く場所がないので広い家に貰っていただいた。次はシルクロード関連の本をもらってもらいたいものだ。お願いします。

学生時代の友人は、「先日、古本屋の前を通ったら『どれでも100円』のワゴンに俺の本があった」と嘆いていた。今はアマゾンで1円の売値が嬉しくもあり、悲しくもある。使う人がいなくなれば、自転車もゴミになる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/191-7f9b3a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。