2017-10

タシケントの日本人ジャズドラマー

2002年8月、「ツール・ド・シルクロード20年計画」の参加者は2名だった。わたしと市川武邦さんだけ。通訳などの経費負担を少なくするために、法政大学大学院生の渡辺信さんに同行してもらった。モスクワの日本人学校で小学生時代を過ごした上に、タシケントの大学に留学経験もあった。英語よりもロシア語が自然に出る学生だった。

走行ルートは、タシケントのブハラからトルクメニスタンのマリーまで。アムダリアを渡ったのは午後9時。漆黒の闇の中を先導するワゴン車のテールランプが路面に反射する赤い光を頼りに進んだ。橋の上に差し掛かると急に湿度が上がり、汗が流れ始めた。路面の近くから水の流れる音が聞こえてくる。浮き橋だと思った。路面は、鉄板で、継ぎ目を通るたびに揺れた。タイヤの部分だけ平らになっており、幅30センチほどの鉄板の上を綱渡りのように進んだ。この次は、昼間に渡りたい。

タシケントでは、トルクメニスタンのビザを取るために1週間ほど滞在した。この間、渡辺君はコリアンコルホーズを案内してくれた。渡辺君は、アルミ缶のアサヒビールを半ダースほど持参していた。一軒のお宅の呼び鈴を押した。

ドアを開けた老人は日本語で「よく来てくれました」と出迎えた。丁寧な日本語を話す65歳ほどの男性だった。杖をついていた。室内に案内された。老人は、ソビエト時代は有名なジャズドラマーだったという。ジャズはアメリカの音楽。ソビエト時代にジャズをおおっぴらに演奏できたのか聞いた。

写真を出してきて、日本の原信夫と♯&♭と共演した当時のことを話してくれた。ジャズドラマーとして北朝鮮へ演奏に出かけたとき、お兄さんとあったことも話してくれた。もう一人は、日本の東北地方にいるとも話した。そして、日本のビールを飲みながら半生を話し始めた。

終戦をサハリンで迎えたが、日本人だと分かると殺されたりするといけないというので、両親は3人の男の子をコリアンの夫婦に預けた。その末っ子が老人だった。

スターリンの政策により、コリアンの夫婦と一緒にタシケントに移送された。そして、郊外にあるコリアンコルホーズで過ごすことになったそうだ。

老人は、脳梗塞で倒れたことがあり、半身不随だった。若い頃は有名人で、ロシア人と結婚した。病気をきっかけに離婚。次にコリアンの女性と結婚。それも破れて、一人暮らしだった。しかし、近所に住むコリアンの男性が身の回りの世話に時々顔を出している。食事や洗濯、掃除といった家事、お風呂などをお世話していたようだ。

久しぶりに日本語を話すのか、饒舌だった。帰り際に、「マスコミに頼んで、日本のお兄さんを探してもらいましょうか」と声をかけた。「気持ちだけ頂戴いたします」との返事は、すぐだった。北朝鮮と日本の間には拉致問題などがある。北朝鮮に暮らすお兄さんのことを考え、日本とのつながりを表に出すことをためらったのだろうか。

戦争で辛い思いや悲しい思いをするのは、何時の時代も庶民だけ。そんなことを書きたいと思って再会を願っていたが、10年の時間が流れてしまった。今年は何とかしたい。

老人と一緒に写った写真があるのだが、見つけることができなかった。見つかったらすぐにブログに紹介します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/20-116a74aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR