2017-10

野川サイクリングロードをのんびり自由が丘のミュージアムへ


小金井市内にある野川にかかる新前橋

11月7日(土)は、自由が丘にある岩立フォークテキスタイルミュージアムへ行き、中央アジアの刺繍のある布の展示を見る予定だ。友人がfacebookで紹介していた。
友人は、横浜ユーラシア館の展覧会「岩に刻まれた古代美術」の企画にかかわっているので、案内用のチラシでも置きに行ったのか。田園調布に住んでいるが、家の近くにある博物館や美術館を順番に訪ね歩いていたのだろう。

自由が丘にある美術館に寄ったのちに、神谷町にある大阪経済法科大学の公開講座市民アカデミアで行う講座「シベリア抑留70年 第2回 抑留者たちの表現 香月泰男・石原吉郎・長谷川四郎」、講師:石川巧(立教大学教授)を、18時から聞く予定にしていた。

この講座行き先立ち、同じビルで16時から「第1回 シベリア抑留記録・文化賞」の贈呈式があり、この式の会場づくりも待っていた。

8時に家を出る予定が、宅急便の配達の都合で9時30分となった。天気は「曇りで、晴れ時々曇り夕方には雨」の予報。自由が丘から先は輪行して、電車で移動することにした。昨日届いた輪行袋のひもを確認。

DSCN0131_R.jpg
昨日買った輪行袋は10センチほどの大きさ。 「超軽量輪行バッグ ポケットイン」

国立の団地を出ると、東八道路を東に向かった。東南の角に交番のある交差点を目印に7キロほど走る。交差点からは、北東へ向かう道路に進んで、すぐに野川に架かる橋「新前橋」がみえる。ここで野川沿いのサイクリングロードに入った。

DSCN0134_R.jpg
新前橋。小金井市内にある。ここからは車を気にしないでのんびりと走ることができる

DSCN0138_R.jpg
途中で野川公園の中を行く。土曜日なので家族連れが多い。ウォーキングの大会があったのか、7人くらいで横に並んで歩くウォーカーが多かった。マナーが悪い。東京商工会議所のメンバーのようだ。腕章や旗は看板を持って移動するようなもの。悪い評判もすぐに広まる。注意してほしい。

加えて、遊びに夢中の子供に気を付けてよろよろと南へ進んだ。

DSCN0141_R.jpg
野川はコメや麦などを粉に挽く水車が多かったと伝えられている。この近くに水車博物館があったように記憶している。イランには、カナートの博物館があったのを思い出した。

DSCN0142_R.jpg
サイクリングロードは、広くなったり狭くなったり

DSCN0146_R.jpg
調布市内では、「やさい畑」という農産物の直売所で休憩した。ここまで家から15キロ、1時間かかっていた。

お昼用にと肉まんを買った。それに携行食にと思ってせんべい5枚、夕食のおかずに彩野菜塩麹漬。塩分の強いものは体重が増えるので、体調によくない。その分、運動だ。

DSCN0149_R.jpg

入口にある水飲み場の水は、66メートルの地下からポンプアップしていると案内板にあった。以前は、あちこちに湧水が多く、街道も川の近くにあったのだろう。

DSCN0150_R.jpg
畑の広がるところもある。カモやサギが時々見られた。

DSCN0155_R.jpg
アンツーカーの路面が見えたら、二子玉川駅は近い。野川と多摩川が合流したら、そのまままっすぐ多摩川沿いに進んで、東京大井線まで行って、左に曲がって田園調布、自由が丘と進んだ。多摩川駅の近くには、亀甲山古墳があった。寄りたかった。でも、時間がなかった。

田園調布からは激坂が待っていた。この辺りは、私のような筋力の弱い者には、トレーニングにいいかもしれない。小雨が降ってきたが、道がわからなく、迷った。

DSCN0158_R.jpg
ビルの入口は目立たない。周囲で道を尋ねても、他の地域から通っている店員が多く、地元のことを知らない人がほとんどだった。この地域では、収入に比べて家賃が高いのだろう。そのうちに街づくりの弊害となるだろう。

DSCN0157_R.jpg
入口のこの看板が目印。ビルの入り口に自転車を置く空間もあった。「知る人ぞ知るお店」と聞いていったのだが、周囲のお店の人もミュージアムのことは通行人も誰も知らなかった。

展示していたのは、アフガニスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンのスザニ。帽子と書いてあったが、イスラム教徒が太陽に頭のてっぺんを見せないための被り物が目を引いた。わたしはこのようなデザインを見たことがない。古いのかもしれない。

布の刺繍のデザインは、リンゴ、ザクロ、水流、花、太陽、鹿、羊などを題材にしていたように感じた。一足先に訪れた友人によれば、星もあるのだという。自然とともに暮らしがあったことを示しているようだ。ほとんどのものが、トルクメニスタンの古美術を扱うバザールで見られるようなものだった。ただ、「帽子」と表現された色の多彩な被り物は、トルクメニスタンにもない。2017年にサイクリングで行ったら、探してみよう。

トルクメニスタンに行ったのは、2002年と2004年だった。あの時のバザールの写真を引っ張り出して、2017年に備えよう。

スザニを見ている間に、14時30分を過ぎた。慌てて自由が丘駅へ向かった。

DSCN0167_R.jpg
輪行袋に入れたが、袋を肩にかけるヒモが細い。これを換えればいい。

大阪経済法科大学のことは次回に報告します。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/221-845073b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR