2017-10

多摩川と東京湾の境を見るサイクリング


団地の様子

団地は、すっかり秋の気配に包まれている。毎日、庭を掃除する担当者が一生懸命に掃除している。だが、情け容赦なく枯葉は舞い落ちてくる。まあ、それが仕事だからいいのかもしれない。

多摩川サイクリングは、今日(11月111日)も天気がいいというので決行。シルクロード雑学大学のメンバーと新前橋で合流して、野川サイクリングロードを南下することにした。

彼は、野川をトレーニングに利用しているとのこと。昨日は雨ふりだったので、水たまりの少ないところを走ってほしい。

実際、野川公園内では舗装されたウォーキングのルートを走った。また、団地の間など舗装され広いルートを進んでくれた。水たたまりの有無との因果関係は不明。人や交通の往来を考慮したのかもしれない。

走っているときに「多摩川の起点となる0メートル地点を知っているか」聞いてみると、「知らない」とのこと。0メートル地点。まで行くことにした。

DSCN0172_R.jpg
羽田の鳥居の隣にある看板

羽田の鳥居の脇には原っぱがある。金網で囲われているが、「通ってください」と誘うように穴が開いている。ただでさえ、「入ってはダメ」といわれるほどに、入りたくなる。子供のまんま、というところ。某大学で教えていたもう一人の友人も途中で合流した.。真っ先に破れた金網から、原っぱへと入っていった。退官しても、好奇心は引退できない。後に続き、自転車で金網の中にぞろぞろと入ったのだった。

DSCN0173_R.jpg
看板に書いてある「指定避難場所」が話題となった。2011年を思い起こし、「津波の時にここへ逃げるの」という意見もあった。「道路の向うにある交番の警察官に追われた時に、逃げ込むるところ」、「飛行場だから事故などの時に緊急車両が入るところ」と率いう意見もあった。いったい何のための避難場所なのだろうか。

DSC_0183_R.jpg
ここで多摩川が終わり、東京湾が始まる

0メートルの標識はなかなか見つからなかった。だが、友人が発見。また、堤防はセメントの表面を観察すると、形も風に洗われた様子も制作年の違いが感じられる。4回に分けて作ったようだった。堤防のセメントを見れば、堤防を作った時代の大雑把な変化がわかる気がした。

DSC_0184_R.jpg
この近くに多摩川の起点0メートルの標識がある

写真を撮ったが、「今日は晴れる」という天気予報だったのに曇り空。あまり写真を撮る気分にならなかった。次は、空も海も青い日に来てみたい。

DSCN0177_R_2015111214191268a.jpg
東京湾で河口アサリを撮る男女

多摩川と東京湾の境の標識から約100メートル東京湾より、潮が引いて現れた浅瀬に男女がいた。アサリ取りをしているようだ。漁というにはささやかだが、潮が満ちると釣りやあさりとりに精を出している人の姿が見られるようになる。日曜日には子供たちの姿も見える。東京湾もきれいになっていることが、光景から伝わってきた。

0メートルの基準を作ったのはいつの時代なのか。その当時の多摩川河口の様子を知りたい、写真を見たい、との意見が出た。そうなのだ。多摩川のの変遷と強制的に集団移転させられる前の人々の暮らしと水辺。写真と現実を見比べたい。

帰りに、野川公園の中を通って、調布の飛行場の。近くに脇を進んだ、戦争遺跡が残っていた。何に使われていたものだったのだろうか。さっそく戦争史跡に関係する本を注文した。戦争遺跡を巡るサイクリングも、戦後を考える上で奥が深いようだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/224-a1d42cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR