2017-10

野川沿いの遺跡、多摩川の河川敷も工事現場。列島改造中。


国立市桜通りの銀杏の落葉

昨夜(12月24日)は雨だったらしい。先日の落葉したイチョウはすっかり落ちて、黄色いじゅうたんを敷いた歩道は消えてしまった。諸行無常。
興味を示すばかりだ。
DSCN0780_R.jpg
午前9時30分の野川。朝食だったのか白い鳥がいた

友人と待ち合わせて、野川公園で待つ。犬の散歩をしていた熟年の男女の会話が耳に入る。
「お父さんは8歳。この子は4歳。親と一緒だから、何時まで経っても子供なんですよ。甘えん坊で。」
8歳で父親。そんなことあかよう。会話がチグハグなような気がする。朝早くて私が寝ぼけているだけか。

「お父さんは家で待っているんです。あと4年くらいかしら」
あと4年。本気かよ。思わず女性の顔を見た。犬のことだった。犬は言葉と関係なく、相手の犬に好奇心を示すばかりだ。恥も照れもない。朝の散歩時の恒例とな挨拶らしい。雨の日も風の日も、晴れた日も。会話を無視して犬は本音で勝負か。
DSCN0784_R.jpg
工事現場のフェンスの中

風人と一緒に野川を下ってサイクリングすると、世田谷区大倉では、野川脇の畑を白いフェンスで囲っていた。中を覗くと工事ではなくて遺跡の発掘だった。インターチェンジのできる前に、発掘をしているらしい。わたしたちがのぞいた個所は、道路の下になるのか。すでに下水のマンホールだけがボタンのように飛び出ていた。

この発掘現場の近くには、ハケがある。ハケに横穴が掘られており、骨が出てきたとインターネットで読んだことがある。ここだったのか。他も見たが、工事はかなり進んでいた。遺跡の保存など、想定外、といったふうだ。

ガス橋でもう一人の友人と合流して、神奈川県側のサイクリングロードを登戸と方面に上った。向かい風が強く、堤防の上を走るのはしんどい。河原の砂利道を走ったたのだった。すれ違うサイクリストは、気持ちよさそうにスイスイ飛んでいく。うらやましかった。

DSCN0789_R.jpg
ガス橋から神奈川側を北上すると、サイクリングロードの脇は工事現場
多摩川の神奈川県側の堤防は、サイクリングロードになっているが工事中だった。自然の河原などどこにもない。生態系も無視してセメントのブロックが並んでいた。

DSCN0790_R.jpg

この辺りには、河原を利用したグランドやテニスコート、趣味で耕しているような畑もある。庶民のささやかな楽しみは、どんどん削られていく。年金とともに防衛費ほどに増大すればいいのだが。

DSCN0788_R.jpg
冬休みもサッカーや野球を炭素忌んでいる子供たちは、どこへ行くのだろうか。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/248-5a049fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR