2017-10

大漁より、紹興酒が楽しみなおじさん。いい人生だな。


多摩川の神奈川側では、多くのランナーがマイペースで走っていた。早さを競うでもなく、距離を競うでもなく楽しそう。1年の総決算は「楽しく」か

12月27日(日)、多摩川の神奈川県側をサイクリングしていると、様々な年齢の男女がマイペースで楽しそうに走っていた。月例川崎市マラソンと受け付けのテントにはあった。

DSCN0808_R.jpg
月例川崎マラソンの受付

DSCN0807_R.jpg
受け付けの隣ではダイコンやキャベツの販売。ズボンや洋服のコーナーもあり、フリーマーケットのようだった

とても寒かった。走っている人は元気で、寒さは関係ないようだったが。

DSCN0814_R.jpg
今日も多摩川の神奈川県側にある0メートルを探したが、

多摩川の0メートル地点。神奈川県側は、工場の敷地の中にあることが分かった。誰でも入られるわけではない。サイクリングの途中で紹介したい景色もあった。だが、寒さにはかなわなかった。それに、昨日スネを打っていて、まめに動くことができなかった。ガス橋から東京湾まで、神奈川県側をサイクリングしている。暖かい日、スネに傷のない日にもう一度紹介したい。スネの傷、何時のものかと聞かれると、古いとしか答えられない。

DSCN0809_R.jpg
多摩川の川面にはカモが4羽浮かんでいた。いつまでも離れようとしない。それにしても、何を探しているのか。

DSCN0811_R.jpg
この寒い中、多摩川の水に入っているのはカモだけではない。人間も強いもんだ

多摩川で顔をとっている人がいた。自転車で上流に向かう彼に話を聞いた。話を聞いたのは、12時ころだろうか。日の出とともに買いをとっているのだという。だが、寒くて全然取れないという。でも、あっけらかんとしている。すでに年金生活も8年目、これから家に帰って、紹興酒を飲むのだという。。笑顔になった。実に楽しそうに話した。

収穫よりも、仕事の後の一杯が楽しみのようだ。仕事って何だろう。大漁だろうか。過ごした時間に満足を得ることだろうか。あるいは、取った魚を隣近所に差し上げて社会的な満足を得ることだろうか。どうであってもこのおじさん。「分かっちゃいるけどやめられない」という風であった。奥さんが何を言ってももマイペースの感じだった。

来年の再会を約束して別れた。来年も紹興酒か。いい年をお迎えください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/249-f65057d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR