2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツール・ド・シルクロード20年計画」の講演


2月21日の講演を伝えるフリーペーパー(アサココ2月18日)

アサココというフリーペーパーで2月21日国立市公民館で行う講演が紹介された。

1993年から2012年までの20年をかけて「ツール・ド・シルクロード20年計画」と銘打ったサイクリングを主宰して実施した。西安からろローマまでを20分割して、毎年少しづつ自転車で走って、仕事を持ちながらも趣味や特技に取り組もう、ライフラークのある人生を過ごそうという提案を実践した取り組みだった。

朝日新聞が大きく取り上げてくれたので、参加希望者が多くいた。1回目だけゴールデンウィークを利用した。会社の休暇を得るなどして17名が参加している。

当初は日本も景気がよかった。財団法人日本自転車産業振興協会は、毎年1名の職員を派遣し参加させてくれた。物質的な支援でもお世話になった。また、1回の海外サイクリングは18日間だが、休暇を取得して参加する会社員もいた。学校を休んで参加する高校生や大学生もいた。参加者の平均年齢も40代と若かった。日本は活気があった。

何よりも、すでに核家族と言われていたが、いろんな世代が集まって、自分でペダルを踏んで汗を流し、共通の話題を話し合えることは楽しかった。自分の子供、あるいは親の世代との会話は、自身の子供や親を理解する上でもプラスになったと思う。

20年だから自分も変わっている。38歳から58歳に。体重は‥‥。

20年間で写真はずいぶん変わった。フィルムを50本持参すると荷物はかさばった。最近になってビデオカメラが出てきて、荷物が少なくなった。ビデオカメラも小さくなった。今はデジタルカメラでもビデの撮影ができるようになった。

初めの頃は、「仕事の督の電話もかかってこない」のは魅力だった。情報を断ち切る意識が、社会の多くの人にあった時代だった。
今では携帯電話やスカイプで、毎日、奥さんに連絡している人もいる。どうしてか、女性の参加者は夫に電話しない。羽を伸ばすのは、今も昔も女性の方が上手のようだ。いったん家を出たら、自分のことに集中している風だ。その方が安全だが。

定年後の生き方や趣味や特技を持った生き方に関心のある人は、どうぞ。まあ、今後何回か連続して講演し、話しながら20年のサイクリング計画をまとめようと思う。場所や時間など、詳しくは記事を読んでください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/283-4d334292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。