2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

400年の時間を超えて スペインと東日本大震災

DSC0266_R.jpg
「野口健×藤巻亮太 100万歩写真展」。写真展は入場無料だったが、今日までだった。明るい写真展だった。


3月9日(水) 国立は朝から晩まで雨。静かな1日だった。

「野口健×藤巻亮太 100万歩写真展」に行った。どんな画角で写真を撮っているのかを知りたかった。写真は大きくプリントされていたが、時間とともに印象が薄くなった。

DSC_0267_R.jpg
写真を見ていたのは、老若男女。この写真展では、写真撮影が許可されていた。facebookやブログで紹介することで、さらに人を呼ぶことを念頭に置いているのだろう。出口には、山のように写真集が積まれていた。1冊2700円。買っている人の姿はなかった。写真を見て満足する人が見に来るのではないか。facebookの数が、売り上げと結びつかない事例のように思う。でも、あの写真の大きさは魅力的だ。

img273_R.jpg
目黒区美術館で「気仙沼と、東日本大震災の記憶」展を見た。写真展は㋂21日まで。入場無料。

2011年の東日本大震災の時、わたしは心臓の手術を1か月後に控えていた。手術と言ってもカテーテル手術で、調布の病院まで自転車で行って、手術の翌日に自転車で帰ってきた。だから、お手軽な手術だったのだが。

img274_R.jpg
気仙沼では、東日本大震災の記憶を失わないために震災の痕跡のあるモノを展示するなどして、教訓にしてみようとしているようだ。

2011年10月末に気仙沼の小学校で、ブルガリアやイタリア、スロベニアなどで被災者へのメッセージを書いてもらい展示したことがある。11月初めに帰ったのだが、気仙沼から石巻まで自転車で被災地を周りながらだった。あの頃、のどが渇いてもコンビニがなかった。海辺では家がなかった。家の土台に、トイレとお風呂場だけはタイルとセメントが残って生活の痕跡が残るだけだった。

ある家の跡で、写真のプリントを見つけた。だが、地震は半年前。どんな人の写真なのかを見る勇気はなかった。近くに神社の登り口の階段があり、携帯電話が置いてあった。誰から、水にぬれないところに置いたのだろう。石段の一角にあった。だが、携帯電話に触る勇気もなかった。あの場所が、南三陸町歌津だと写真展を見て分かった。道路が流されて橋脚だけが残った写真もあった。立ち入り禁止のロープを無視して、橋の先端まで行って写真を撮った。これも歌津だった。お腹が空いてのどが渇いても、コンビニもお店もなかったのを思い出した。人の姿もなかった。

DSC_0275_R.jpg
「あれから5年 3・11 東日本大震災写真展」が弁護士会館1階エントランスホールであった。3月10日まで。入場無料。


img275_R.jpg
写真展のチラシ

100点ほどの写真を展示している。場所が場所だけに、高齢者が多かった。写真展も3つ目で疲れた。

img276_R_201603091927016a7.jpg
チラシの裏。

チラシの裏表で写真38点も掲載。写真家の名前には知り合いの名もあった。チラシに掲載されている小さな写真を見ても、いろいろ思い出す。一度自転車で廻っているせいだろうか。写真の人物から喜怒哀楽を感じることができる。これが腕なのか。

IMG_8991_R.jpg
ブルガリアのソフィア大学、日本語学科の学生が書いてくれた東日本大震災の被害者への激励のメッセージ

20011年に海外サイクリングでは、日本語を学ぶ学生たちに東日本大震災の被災者への激励メッセージを書いてもらった。今年はスペインとポルトガル。約400年前に支倉常長たちがスペインへ行っている。

スペインで被災者への激励のメッセージを書いてもらうように準備をしている。日本語を学ぶ学生にとっても、日本を知るチャンスにもなる。満開の桜の下で被災者が笑顔で並んでいる写真もあった。5年後の今日の様子も伝えたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/291-0c8a7e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。