2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギスの日本人抑留者


キルギスで共和国で抑留を迎えた元日本兵と一緒にキルギスへ行ったのは2008年。

㋂11日(木)、東日本大震災から5年目。地震と津波、そして関連誌で2万人以上が命を落としている。安らかな時間を過ごしてほしい。

さて、元日本兵と一緒にキルギスへ行ったのは2008年。キルギスの新聞で大きく取り上げてもらった。その後、キルギス人の関心も高くなった。テレビ局も同行し、4社がニュースの時間に流してくれた。

001_R.jpg
初めてキルギスに入ったのは1999年のこと。洪水で天山を越えて、ペダルを踏んで人力で天山山脈を越えることはできなかった。カシュガル、ウルムチ、ビシケク、そして、アトバシを飛行機とバスを乗り継いで、天山を迂回して越えた。天山を玄奘三蔵は歩いて越えている。

004_R.jpg
キルギスに入ると草原が広がっていた。道は地平線の彼方まで続いていた。

009_R.jpg
めざすは、周囲650キロもあるイシククル湖。

2000年、2006年、2007年と人力による天山山脈ペダル越えにチャレンジした。玄奘三蔵のように自分の脚力と頑張りで越えたかった。だが、いろいろあって、継ぎ足しても30キロほど残っている。今は道路が舗装されている。チャンスがあったら、一気に上り駆け降りたいものだ。

006_R.jpg
2007年、4回目の天山山脈ペダル越えのチャレンジ前に、「天山の小さな国 キルギス」(東洋書店)の著者三井勝雄氏を招いて、講座を行った。イシククル湖の湖畔にあるタムガ村には、日本人が抑留されていたとの伝説があることが分かった。ただ、元日本兵の証言がなかった。日本の厚生労働省も、キルギスにラーゲリはなかったと答えていた。タムガへ行き、キルギス人の証言を確認するのが、2007年の課題でもあった。

ところが、2007年9月10日、出発の前日に、わたしたちがキルギスでキルギス人に元日本兵に関する証言に触れようとしていることを知った人から、わたしの携帯電話に連絡があった。タムガに抑留された日本人は125名、全員が帰国している。そう答える電話の主の返事を耳にして、この人は元日本兵だと確認した。三井氏の本の記述と同じだったのだ。

008_3_R.jpg
タムガ村のラーゲリは、ソビエト時代の国防省の空軍の高級将校の保養所だった。泥治療の診療所を立てるのが、日本人抑留者に課せられた労働だった。

009_2_R.jpg
タムガ村は、国防省の保養所によって経済的に成り立っているような小さな村だった。のどかだった。元日本兵が抑留されていた時代も、2007年も人口は大体同じく約800名。

010_R.jpg
元日本兵が建設にかかわった保養所は、大きな建物だった。

015_R.jpg
三井氏が取材したマリアさんは、宿の裏に住んでいた。

2008_ilan 137_R
元教師は、の本人兵士は自宅に来て日本新聞を煙草をまく紙にするためにもらいに来ていたと証言した。自宅には、当時の写真がたくさんあった。

029_R.jpg
2010年、わたしは元日本兵の宮野泰さん(当時83歳)と一緒に、タムガ村に向かった。宮野さんにとって60年ぶりの再訪だった。

IMAGE0018_R.jpg
宮野泰さんと一緒にタムガ村に抑留された仲間に、長崎市に住む松田六郎さん(90歳)がいる。

松田さんは、日本へ帰るとき、ソ連兵がくれた写真を服の袖に縫い込んで持ち帰った。ソ連兵に持ち出しが見つかったら、再びラーゲリへ逆戻り。帰国は遠のく。だが、成功した。

こんな写真があると、ある新聞社に知らせた。先週取材に行ってきたと記者から電話があった。松田さんと一緒に写真に納まっている仲間の名前も分かった。どんな労役についていたのか聞きたい。これからの課題だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/293-c20ab82c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。