2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月27日の講演とナボイ劇場


3月23日の東京新聞朝刊のカルチャーインフォメーション

3月27日に開催する講演会「古都サマルカンドで暮らして」が東京新聞で紹介された。
講師は胡口靖夫氏だ。シルクロード雑学大学の会員でもある。

日時:3月27日 15時から17時 
会場:JICA地球ひろば(JR市ヶ谷駅下車徒歩5分)
参加費:一般1000円、学生500円
予約不要
誰でも参加できます。会員でない人の参加を歓迎します。

毎日新聞OBの記者が「ウズベキスタンのナボイ劇場は、日本人の捕虜たちが全部建てた」と講演したり著書で書いているが、あれはウソだ。1946年10月30日に元日本兵がソビエトに抑留されてタシケントのナボイ劇場に到着した時、すでにナボイ劇場の建物は、手が積みができていた。配線や装飾、壁塗りなどが約500名の抑留者に与えられた強制労働だった。

そのことを、以前のNHKの番組のビデオと日本ウズベキスタン協会の発行する「追憶 ナボイ劇場建設の記録 シルクロードに生まれた日本人伝説」、元日本兵の抑留者へのインタビューなどで証明するのが講演の目的だ。

日本ウズベキスタン協会の発行する報告書は、なぜ「シルクロードに生まれた日本人伝説」とサブタイトルを入れたのか、編集者の意図が垣間見れる。

1960年代に発生した地震でタシケントの大多数の建物は倒れたが、ナボイ劇場は残った。このことから日本人の労働をたたえる伝説が生まれたようだ。だが、伝説が生まれるように仕組んだのは誰で、何時からかははっきりしない。はっきりしているのは、タシケントにある公文書館には、日本人の抑留者がタシケントに到着する前に撮影されたナボイ劇場の工事の写真があり、すっかりレンガ積みが終わっていたことを物語っている。

戦後70年になる。日本人の抑留者がタシケントに到着する前に、ナボイ劇場の煉瓦を積んだウズベク人の煉瓦積みの職人の技術と努力、汗にまみれた労働が、ナボイ劇場を地震から救った。ウズベク人のまじめな勤勉さと技術をたたえてもいいのではないか。ウズベク人にもこの点を考えてほしい。

img271_R.jpg
今回の講演では、「古都サマルカンドに暮らして」(同時代社)
の頒布も行う。

img160_R.jpg
「シルクロードの青の都に暮らす」(同時代社)はアマゾンでかってほしい。

IMAGE0022_R_20160323203834d34.jpg
ウズベキスタンのタシケントには日本人抑留者の眠る墓地がある。

IMAGE0024_R_201603232038362ad.jpg
こちらは、ナボイ劇場の内部の写真。2002年に撮影している。講演を前にしての練習が行われていたが、日本からナボイ劇場を見に来たといったら中に通された。今は難しいと思う。人の大きさと比べて、劇場の大きさがわかると思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/298-234da707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。