2017-10

スペインのバルとヒョウタン


宿の屋上から見た町の眺め

スペインで宿泊したなどの中には、古い建物を生かした宿もあった。エレベーターはなかった。

DSCN1888_R.jpg

屋上に出てみると、宿のすぐ裏に城壁が見えた。通りを歩いていただけではわからなかったが、町の中に城壁が通っていたのだった。

DSCN1882_R.jpg

夕食の時にバルに行くと、壁にヒョウタンがぶら下がっていた。しかも、ヒョウタンの大きさに合わせたような小さな帽子をかぶっていた。

イランでは、薬局の入り口に大きなヒョウタンがぶら下がっていた。昔は、せんじ薬を利用しており、せんじ薬を作るためにヒョウタンに水を詰めているのだろうと思っていた。イラン人に聞いても分からなかった。子供の頃から見ていて、疑問に思わないようだった。

では、参加者の一人から教えてもらったのは、スペインのバルにはヒョウタンが飾っているということ。ヒョウタンにはどんな意味があるのか。疑問だった。

img454_R.jpg

「ヒョウタンの文化誌 人類とともに1万年」湯浅浩史著、岩波新書 760円 を読んでいたら、ワインに関する記述があった。

『ワインとヒョウタンはちょっと結びつかないであろう。それが利用される地域は2か所ある。一つはハンガリー、もう一つはのジョージアである』と第4章の79ページにあった。ハンガリーではワインの試飲に利用されているようだ。ワインを詰めて水筒にしていたかもしれない。こちら壁画などで確かめたいものだ。

また、ヒョウタンの一種であるユーガオの水にはヘチマと同じように化粧水の効果もあるようだ。実は今日、イランのヒョウタンの種とユーガオの種をプランターに蒔いた。

インターネットで調べたら、ヒョウタン水の化粧品もたくさん売っているようだ。アトピーに効くようだが真偽のほどはわからない。自分で栽培したヒョウタンから水を取って試してみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/317-a1c42a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR