2017-09

多摩川のダートを走って、スペイン「巡礼の道」のトレーニング


再び、京王閣の脇にある公園へ行った。

この公園には、掃除をする人がいた。3人組だったが、たばこを吸っていて煙い。

DSCN2427_R.jpg
公園のことを説明している案内板は、柵で覆われていた。

DSCN2428_R.jpg
案内板には、都電の敷石を集めて並べている公園であることを紹介していた。

都電の敷石は、東京オリンピックの時には、水泳競技の会場の外壁にも使われたとのこと。第2の人生だ。また、敷石は国内各地からはもちろん、韓国の済州島からも運ばれて使用されていたとの説明だ。

DSCN2425_R.jpg

しかし、わたしの目には、敷石はみな同じに見える。掃除していたおじさんに「どこから運んできたものか、敷石に印があるといいのにね」と声をかけた。
すると帰ってきたのは、「この辺の子供は、そんなもの書いたら持ち帰ってしまうよ。それにいたずら書きをする。あんたどこから来たんだ。何処へ行くんだ」と疑われる始末。石みたいな重いものは誰も盗まないよ。宝石なら用心してよ。私には猫に小判だけれども。
それにしても、国立から来たなんて言わなければよかった。

「墓石にちょうどいいですね。欲しいなあ」とでも応えておけばよかった。あのおじさん、75歳くらい。まだ早いか。

DSCN2440_R.jpg

今日、多摩川サイクリング・ロードを自転車で走ったのは、来年の春にシルクロード雑学大学の仲間と一緒にスペインの「巡礼の道」を走るけれど、ダートが多いと聞いたから「ダートに慣れたい」と思ってトレーニングするルートを探していたのだ。

DSCN2440_R.jpg
東京側の舗装されたサイクリングロードを走っていると、草藪の中を自転車が進んでいた。

DSCN2443_R.jpg
立派な未舗装の道があるではないか。トレーニングにもってこいだ。車も来なければ、かっ飛ばすロードも来ない。安全だ。

DSCN2453_R.jpg
寒くなれば草も枯れて走りやすくなる。虫もいなくなる。

DSCN2487_R.jpg
多摩川サイクリングロードでは、ポプラの木を見ると中国を思い出していた。だが、見当たらない。切り株だけでも探したいと思った。でも、ありました。よかった。

大きな木だと思っていたのだが、周りに高い建物が増えて目立たなくなったらしい。

DSCN2495_R.jpg

今年の9月からこれまでは、雨の日が多かった。自転車に乗る機会は少なかった。ダートには、さすがに水たまりが多い。

DSCN2504_R.jpg
風もなく、水たまりに秋の風景が写っていた。紅葉になったら、水たまりもカラフルだろうなあ、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/414-26e39b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (41)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR