2017-05

多摩丘陵のアーモンド


1998年に中国のカシュガルでお土産にと思って、アーモンドを持ち帰った。そして、ベランダのプランターの土に埋めたら芽が出た。

5年ほどしたら、花が咲いた。けれどベランダで育てるには、木が大きくなりすぎた。そんなときに恵泉女子大学の澤登先生と知り合い、アーモンドの木を寄贈することになった。恵泉女学園大学では、園芸に力を入れており、大学の裏に畑があるのだ。そこに植えてもらうことになった。

その後、木を見に行ったらアーモンドが落ちていた。花の季節にサイクリングを計画して、シルクロード雑学大学のメンバーと一緒に花見に出かけたこともある。桜と同じようにピンクの花が咲いていた。

今年もそろそろアーモンドが落ちている季節と思って、サイクリングに出掛けた。

DSCN2598_R.jpg
大学の農場への入り口は、お墓の入り口でもある。友人のお嬢さんが19歳で急死し、ここに眠っている。「富士山がよく見えるんですよ」と、友人は説明してくれたのだが‥‥。それから10年ほど時間が流れた。

DSCN2601_R.jpg
農場の一角にアーモンドらしき木が2本あった。農場で授業の準備をしている方がいたので聞いたら、確かにアーモンドの木だという。私が寄贈したアーモンドは1本だった。澤登先生がスペインへ留学した時の思い出で、印象に残っているのは「日本の桜の花のように、スペインではアーモンドの花が咲くと春の陽気になるんです。春の訪れを告げる花なんですね」と、アーモンドの魅力を話してくれた。

この通りをアーモンドの並木にしたいといっていた。だがアーモンドの木は2本だけ。1本はまだ葉がついていた。

DSCN2611_R.jpg
道路を隔てて大学の反対側は神奈川県川崎市。東京都と神奈川県の境になっている道にアーモンドは立っている。

DSCN2626_R.jpg
大学の農場から坂を下ると、すぐに町田市に入る。東京都町田市なのだが、東京と思えないような風景が広がっている。

DSCN2633_R.jpg

PA240047_R.jpg

このあたりは、前に来たときは舗装されていなかったのだが。きれいになりすぎの感もあるが。

PA240050_R.jpg
竹藪があった。

PA240049_R.jpg
落ち着いた雰囲気だった。

PA240070_R.jpg
結構急な坂だった。逆は自転車で上れそうもない。

PA240072_R.jpg
近藤勇も通ったと案内されていた。

PA240079_R.jpg
国立市の多摩蘭坂もこんなふうに石垣だったのだが。日本のあちこちにあった石垣。多くがセメントに塗り固められてしまった。

PA240084_R.jpg
通りに出るとすでに紅葉が始まっていた。

PA240089_R.jpg
多摩川に戻ったら、すっかり暗くなってしまった。すっかり日が短くなった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/421-d0f6fb46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (8)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (29)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (14)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR