2017-05

イスラム映画祭とマホガニーの自転車



イスラム映画さんが今日までだった。慌ててユーロスペースへ出かけた。寒い日だった。

私が観たのは、「花と蝶」というタイの映画、「マリアの息子」というイランの映画。

「花と蝶」は、仏教の国、微笑みの国と言われているタイに暮らすイスラム教徒を描いた映画だった。

「マリアの息子」は、イスラム教を国教としているイランにあって、村の中にあるキリスト教会の牧師と6年生くらいの子供の交流を描いていた。イランにもキリスト教徒はいるし教会もある。テヘランにはゾロアスター教も同じ一角にある。

イスラム教徒もキリスト教徒も共存している様子が表現されていた。日本人には特殊な風景に思える人が多いかもしれないが、イランでは普通にある風景だ。古くからの風景だと思う。

「マリアの息子」で、盲目の男の子がカレーズに入って土をほりだすシーンがある。ヤズドだったと思うが、カレーズ博物館があった。穴掘りに従事したのは、水の流れの音に敏感な盲目の人だったと説明文に書かれていたことを思い出した。

DSCN3190_R.jpg

夕方南青山で開催された自転車活用推進研究会のセミナーに参加した。30年ほど前、フリーライターになったばかりの頃、佐野造船所を取材したことがあった。マホガニーでヨットを作っている、それも船大工だったというので、覚えていた。

その佐野造船所の7代目が、マホガニーの自転車を作っている。今日の講師の一人としてくるというので、懐かしかった。

話を聞いてほしくなった。だが、手作りのマホガニーの自転車は乗用車よりも高い。鹿もすでに注文は一杯で、新規を受け付けていないという。話しの中で久しぶりに「佐野マジック」と言う言葉を聞いた。

当時の原稿や写真はないだろうか。探してみたい。

DSCN3193_R.jpg

写真が見つかったら、佐野造船所に渡してあげたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/473-2ac58714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (8)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (29)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (14)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR