2017-06

アク・ベシム遺跡、カラテペ遺跡などで土運びのボランティアOK



1月21日(土)・22日(日)と山梨県にある石和温泉駅にある帝京大学文化財研究所へ行った。

「2016年度 中央アジア遺跡調査報告会」があった。帝京大学だけではなく、立正大学、東京大学、東京芸術大学、武庫川女子大学大学などの研究者からの発表があった。

キルギスのアク・ベシム遺跡、ウズベキスタンのカラテペ遺跡をは屈している先生方の報告もあった。

21日の報告会の後、研究者による懇親会があった。アク・ベシム遺跡、カラテペ遺跡の発掘に関わっている先生に「土運びでいいので発掘の現場でお手伝いしたいんですが」といって、これまでシルクロード雑学大学を自転車で走ってきたことを話した。

「ああいいよ。今年は4月から5月に行くんだけれど」といとも簡単に、受け入れてくれた。

だが、河西回廊を歩く予定がある。

名刺を交換しているので、メールで今後のことを相談したいと思う。遺跡の発掘に関心のある人は連絡をください。

ただし、遺物はそれぞれの政府の博物館に納めてもらいます。持ち帰ることはできません。

DSCN3200_R.jpg

1月22日に報告会を終わって石和温泉駅へ向かう途中、お店の前の植木鉢の枝から、赤い実のようなものが見えた。下に落ちているものがあったのでもらってきた。家に帰って植物の実を割ってみると、ピーマンだった。食べられるのかなあ。育ててみたい。

img241_R.jpg

報告会の後にすぐに石和温泉駅へと急ぎ、市川三郷町大門碑林公園へ向かった。ここで拓本の練習をさせてもらえるのだ。

支倉常長と一緒にローマへ行き、一緒に帰国した足軽を先祖に持つという友人がいる気仙沼市の山の中に先祖のお墓らしき石碑がある。だが、誰もお参りをしていないと言い、草に覆われていた。

石碑が何基あるのか、何時の時代のものなのかを確かめたい。その為に拓本をとって文字を読んでみたいのだ。他にもローマ帰りを祖先に持つという家がこの周辺にある。それらも、拓本を取って確かめてみたいものだ。

img242_R.jpg

拓本の道具も注文した。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/474-54eb635d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (39)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (29)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (14)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR