2017-10

マウンテンバイクで多摩川を走ろう



今年の5月末から6月にかけて、スペインの巡礼の道を15名ほどでサイクリングする。その一人が、立川市に住んでおり、元は工業大学で教えていた人だ。昨年の11月に宮城県の気仙沼へ行ったときに、ホタテの貝殻を海岸で拾った。その貝殻にドリルで穴をあけたというので届けてきてくれた。朝の9時だった。

スペインの「巡礼の道」では、ホタテ貝の貝殻、ヒョウタン、杖を持って「巡礼の道」を行くのが、になっている。そこで、ホタテ貝を気仙沼市の海岸で拾ってきた。定年後に趣味で「巡礼の道」をサイクリングしながら、東日本大震災地の復興も願うサイクリングにしようと考えている。スペインのマドリッドでは、東日本大震災の被災と復興の様子を伝える写真展も開催する予定だ。

そのホタテガイに、元大学教授が、ドリルで穴をあけて紐を通すように作ってくれたのだ。ついでに、国立から奥多摩までサイクリングすることになった。

DSCN3207_R.jpg

まあ、マウンテンバイクで行くのだから、荒れた道を走ろうと多摩川の脇を走った。「巡礼の道」はダートなのだ。細いタイヤを履いたマウンテンバイクで走るなどとんでもない。そのことを知ってもらうためのサイクリングの下見だった。

DSCN3209_R.jpg

マウンテンバイクには最高のルートだった。東京にも、こういうルートがあるのだ。

DSCN3210_R.jpg

これが橋。自転車に乗っては絶対に通れない。関所みたいなものだ。楽しい。

DSCN3212_R.jpg

関所を過ぎれば、ノーマルなルートになる。マウンテンバイクにとってはということです。

DSCN3215_R.jpg

なんとその先には、舗装道路があり、「ひまわり児童園」があったみたい。近くに集落があったのだろうか。東京と言えども、限界集落を超えた集落があったのだろうか。

DSCN3217_R.jpg

児童園の先は、まだまだ舗装道路が続いていた。夜ならば動物が出てきそう。これも東京。

DSCN3218_R.jpg

道路を通り過ぎて振り返ると、わたしたちが来た道は通ってはいけない道だったようだ。反対側には何の立て札もなかった。

DSCN3226_R.jpg

さらに進むと。「柚子」が鈴なりだった。農作業をしていたおじさんは「好きなだけ持って行け。もう柔らかくなっているけど」という。この辺りは「柚子の里」だった。ああ、もったいない。鳥だけが自然を堪能しているのだろう。

DSCN3229_R.jpg

雨が落ちてきた。今までは晴れていたが、にわかに黒い雲が空を覆った。それでも阿蘇神社に行った。創建601年と伝えられている。多摩川の流れや地形は変わっていないのだろう。

DSCN3231_R.jpg

阿蘇神社の前には多摩川が流れている。1400年前からの流れなのだろう。

DSCN3232_R.jpg

河原に降りると、玉石塀が見事だった。多摩地区には多い。石を積んだ塀は山の中にもある。

DSCN3234_R.jpg

その後行ったのが、酒蔵。澤ノ井だっけ。今日は月曜日なので、閉店だった。手持ちのおにぎりでのんびりとお昼。太陽が出てきて暖かくなっていた。

DSCN3235_R.jpg

休みの時はこんな感じ。

DSCN3236_R.jpg

お酒も売っていません。トイレとノンアルコールの自動販売機は自由に使えます。

DSCN3237_R.jpg

こういう時代なのだ。酒蔵でノンアルコールの飲み物があります。

DSCN3238_R.jpg

酒蔵の庭園の中にはつり橋もある。すばらしい。事業をやっているならこれくらいのことはしてほしい。

DSCN3239_R.jpg

酒蔵には、こんなところもあります。

DSCN3240_R.jpg

DSCN3253_R.jpg

9時半ころに国立を出たのだが、3時頃に奥多摩に到着。

DSCN3246_R.jpg

ポストは、国立よりも色あせていた。いい感じだなあ。

DSCN3242_R.jpg

ビジターセンターで鹿の角を発見。あ、済みません、ボケボケです。はっきり写っているのは、カメラの中です。奥多摩の森の中に落ちていた鹿の角だそうです。春に落ちているみたい。拾いたい。

DSCN3243_R.jpg

奥多摩のビジターセンターの内部。ハイキングの人のための手造りの地図がたくさんありました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/481-f7377b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR