2017-10

多摩川の河口から源流へのサイクリング①



多摩川サイクリングロードを走った。スタート地点は、多摩川の0メートル地点。 朝は寒かった。

DSCN3300_R.jpg

アサリをとっている人もいた。朝9時のスタートだったが、すでに人が出ている。

DSCN3301_R.jpg

鳥居のところに3人ほどのサイクリストがいたが、スマホに夢中。ずっと画面とにらめっこ。

DSCN3304_R.jpg

途中で多摩川に浮かぶ船をいくつも見たが、釣り船もあれば、屋形船もあり、レジャー用のボートもあった。

DSCN3306_R.jpg

たまり場の食堂はオープン。野球やサッカーのシーズンなのか。それにしても、牛丼520円は安い。どんなボリュームなのか食べてみたい。

DSCN3311_R.jpg

ガス橋の近くで白い花を見た。大根の花の様だ。河原に住んでいる人の話では、からしダイコンで、そばに合うらしい。1本持ち帰った。だが、からしダイコンのことをすっかり忘れ、スーパーでスパゲティーを買ってしまった。ソバも買おう。この辺り、ダイコンの花が続きダイコンロードと呼びたくなった。ところが、途中で堤防の工事が進められており、ダイコンロードは危機一髪。

DSCN3320_R.jpg

少し早いと思うけれど、満開の桜を見ることもできた。太くて古い幹だった。

DSCN3324_R.jpg

今日はのんびり走った。国立に着いたのは15時。そこで、羽村の堰を目指すことにした。牛軍地形に遭遇。

DSCN3328_R.jpg

1945年8月24日午前7時すぎに列車の脱線事故が起こったという。その列車の車輪がサイクリングロードの脇に展示されていた。説明文を読むと、復員兵も犠牲になったという。日本の敗戦が1945年8月15日。公になったのはお昼である。復員兵が列車に乗っていたとすると、1945年8月16日に船か飛行機で戦地を出発し、日本に戻ったということか。そして、8月23日には日本に上陸して、この列車に乗っていたというのであろうか。だとしたら、その戦地はどこだろう。防衛省に行き調べてみたい。

DSCN3337_R.jpg

羽村の堰に到着したのは、16時35分。時間を伝えるサイレンが鳴ったのだった。17時かと思ったが、違った。サイレンに合わせるようにして、多摩川の脇にある家の飼い犬が合唱していた。毎日やっているのかな。

DSCN3340_R.jpg

羽村の堰。玉川兄弟の銅像も元気だった。

DSCN3344_R.jpg

玉川上水。脇にあった木が切られており、明るくなった感じ。

DSCN3350_R.jpg

羽村駅から輪行で帰宅するので、17時過ぎに羽村駅に向かった。
桜祭りでもあるのか、ピンクの提灯に灯がともる少し前にペダルを踏んだ。次には村に来るのは3月20日。桜が咲いているといいのだが。スギ花粉はまっぴらごめん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/496-209ddb6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR