2017-10

遣欧使節・支倉常長とローマ



西安からローマまで、シルクロードを自転車で見聞する「ツール・ド・シルクロード20年計画」は、昨年(2012年)、ローマにゴールして目的を達成することができた。

2011年から「ローマにゴールしたら、次は何をするの。どこへ行くの」との会員の声が聞こえるようになった。私は20年間走り続けた。だが、シルクロード雑学大学に最近入会し、サイクリングが面白くなったメンバーにとって、2012年のローマゴールで「ハイさよなら」では梯子を外される気分だったのだろう。

実は、わたしは当初からローマで終わりとは思っていなかった。世界各地を自転車で走り回っている日本アドベンチャーサイクリストクラブの仲間たちから、ロカ岬を訪れた話しを何度も聞いていた。「ローマの次はロカ岬」と思っていた。だが、歴史の道を巡ることに興味がありシルクロード雑学大学を始めたわたしにとっては、何か歴史がらみの理由が必要だった。

たどり着いたのは、ローマ街道。そこで、「シルクロード走破」から「ユーラシア大陸横断へ」との『キャッチフレーズを掲げて、今年(2013年)はローマからミラノ、2014年はミラノからバルセロナと西へ向かうことにした。ロカ岬への到着は2016年を予定している。

今年走行予定のルートはローマからミラノ。ローマからジェノバまではローマ街道のアウレリア街道を走る計画としている。アウレリア街道そのものを走ることはできないだろうが、所々でローマ街道の面影を感じたいと願っている。

ローマを出発して最初に宿泊するのは、Civetaveccia(チヴェッタヴェッキア)という港町を予定している。
調べてみるとCivetavecciaは、歴史の上で日本ととても深いつながりがあった。

1613年に宮城県の牡鹿半島にある月の浦という港を出発し、スペインに上陸した後、支倉常長の率いる遣欧使節はローマをめざした。教皇パウロ五世に会うために上陸したイタリアの地がCivetavecciaだったのだ。

港町には、支倉常長の銅像があるという。また、豊臣秀吉の命令によって処刑された日本人20名と外国人6名を題材としたフレスコ画が、日本聖殉教者教会にあるとも言う。思いがけないところで、「歴史の道」と遭遇した。

遣欧使節の移動したルート、支倉常長の行動を知りたいと思って購入したのが、冒頭の「ローマへの遠い旅」という書籍だ。

「歴史の道」シルクロードを調べて旅することを願って「ツール・ド・シルクロード20年計画」をはじめたが、足元の歴史、日本史を学ぶことになった。犬も歩けば棒にあたるじゃないけれど、動いていれば歴史との出会いも巡ってくるようだ。

出発までに牡鹿半島の月の浦へも行ってみたい。もちろんペダルを踏んで。
スポンサーサイト

コメント

支倉常長

「ヨーロッパのんびり旅」のhuckです。ご無沙汰しております。
来年か再来年に、サンチャゴ巡礼「銀の道」を歩こうと思っています。セビリヤからアストルガまでです。セビリヤを調べていたら、近くにハポン姓の住んでいる村のあることを知り、支倉常長に出会いました。興味を持って現在関連本を読んでいます。以前貴ブログに支倉常長の記事が載っていたのを思い出し調べてみました。今年2016年ロカ岬訪問予定と書いてあります。最新の予定はどうなっているでしょうか?差支えなければ教えてください。小生は、今年サンチャゴ巡礼「ポルトガルの道」リスボンからサンチャゴまでを歩く予定です。その時リスボンからロカ岬まで行って見ようかと思っています。5月中旬になります。
無事ユーラシア大陸果て到達をお祈りしています。

4月18日から5月5日

スペインからポルトガルをサイクリングするのは、日本出発が4月18日、帰国が5月5日です。楽しい旅になることを願っています。

Re: 支倉常長

> 「ヨーロッパのんびり旅」のhuckです。ご無沙汰しております。
> 来年か再来年に、サンチャゴ巡礼「銀の道」を歩こうと思っています。セビリヤからアストルガまでです。セビリヤを調べていたら、近くにハポン姓の住んでいる村のあることを知り、支倉常長に出会いました。興味を持って現在関連本を読んでいます。以前貴ブログに支倉常長の記事が載っていたのを思い出し調べてみました。今年2016年ロカ岬訪問予定と書いてあります。最新の予定はどうなっているでしょうか?差支えなければ教えてください。小生は、今年サンチャゴ巡礼「ポルトガルの道」リスボンからサンチャゴまでを歩く予定です。その時リスボンからロカ岬まで行って見ようかと思っています。5月中旬になります。
> 無事ユーラシア大陸果て到達をお祈りしています。

4月18日から5月5日の予定で、ロカ岬を目指すことになりました。13名ですが、平均年齢は69歳くらいです。よろしくお願いします。

ご回答どうもありがとうございました。あとで思い出して、雑学大学でスケジュール詳細見させて貰いました。楽しいサイクリングを祈っています。私は5月18日ロカ岬訪問予定です。後塵を拝させて頂きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silkroad1993.blog.fc2.com/tb.php/9-03b04644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (42)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR