2017-09

スペイン『巡礼の道」サイクリング  その2

「スペイン『巡礼の道』サイクリング」へとし成田空港を出発したのは5月31だった。ドバイ経由でマドリッドに唐cyカウしたのは6月1日。

その前に、成田空港でひと悶着あった。シルクロード雑学大学では、一人で持ち込める荷物が2個以内30キロと規定されているエミレーツを利用している。ところが、今回私たちが利用したチケットは一人の荷物は2個だが、合計が20キロだという。

スーツケースを持ち込んだ人はケースだけで4キロほどになる。荷物がオーバーする結果となった。幸いにも、スペインで自転車をレンタルするので自転車の分だけ荷物の少ないメンバーが2名いた。機内に持ち込む荷物を制限内いっぱいにするなど工夫して、何とかオーバーチャージが支払わないで済んだ。

エミレーツ航空を利用する人は荷物の重量に注意してほしい。一人30キロまでOKのケースと20キロまでのケースとある。エミレーツのホームページにはこのことを記載していない。

P1050015_R.jpg

マドリッドに到着したら、まずはツアーを行け入れている自転車専門のツアー会社へ直行。

P1050018_R.jpg

お店の中には、ツアー客に貸し出す自転車が並んでいた。翌日には、この自転車が全部ツアー客に貸し出されるのだという。

P1050012_R.jpg

早速、お店の前にある公園で日本から持参した自転車を組み立てた。輸送時のトラブルはなかった。

P1050049_R.jpg

自転車を組み立てた後ホテルへ行き、荷物を置いて一休み。マドリッド市内のカンファレンスという施設で東日本大震災のスライドを見せながら、大川小学校の府外の事、宮城県だけでも両親を亡くした子供が300人近くいて、県から高校や大学へ進む子供たちに奨学金を出していることを伝えた。

また、約400年前にスペインやローマに渡った支倉常長と一緒に行動した家来たちの、日本へ帰国後の足跡が分からないこと。長澤の友人の一人が「先祖は支倉常長と一緒にスペインに渡った足軽だったと聞いている」というので、昨年、気仙沼に住んでいる友人の弟の案内で、先祖代々のお墓を訪ねて、三日月の彫ってある石碑に友人の弟さんがこだわっていることを伝えた。

月と言えばイスラム教を思うが、キリスト教にも月を描いた絵や石像があるのか、話を聞きに来た人に聞いてみたりした。

その後は、今回の通訳を務めてくれた木下治夫さんが日本語を教えているという生徒の家に案内してもらい、一般的的な家庭料理をごちそうになった。生徒のお母さんは、日本で暮らしたこともあるという。

P1050022_R.jpg

マドリッドの中にも誰でも使える電動式の自転車が街頭にあった。

P1050024_R.jpg

充電ができていると青いランプがついて利用者に充電の状況が分かる。充電中の場合は赤いランプがついている。

P1050032_R.jpg

日本語を学んでいるという生徒の家では、夫婦と生徒の3人で出迎えてくれた。もう一人の子供は、今度大学なので勉強で忙しいのだという。スペインでは、個別の大学で試験を行わないという。それだけに、高校生の時の内申書の成績がものをいうらしい。また、大学に進んでも遊ぶ暇もないほどで、日本との違いを実感した。一派的な家庭の月収、大学の授業料に関しての質問がメンバーから出た。だが、宗教観に関する質問はなかった。年代によって宗教観がどのように違うのか知りたいところだが。

P1050026_R.jpg

スペイン人は夕食をたっぷりとるという習慣とのことで、料理は多かった。

P1050028_R_20170622144852a74.jpg

P1050036_R.jpg


パエリアもおいしくてほとんどのメンバーがお代わりしたが、それでも3分の2くらい残ったようだ。デザートもでて、満腹でホテルに戻った。ごちそうさまでした。

スペイン「巡礼の道」サイクリング 1

P1050643_R.jpg
巡礼中に休憩をしている聖職者と話し合う参加者。聖職者のひとりが英語を話せた。こんな服装の巡礼者にあったのは、この時だけだった。

2017年5月31日から6月17日の日程でスペイン「巡礼の道」サイクリングに行った。

P1060558_R.jpg
アメリカからきていると思われる歩いて巡礼中の女性。東日本大震災の復興を願って巡礼してもらいたいと思い、気仙沼の海岸で拾ったホタテガイを持って歩いてもらった。

P1070333_R.jpg
スペイン「巡礼の道」サイクリングの参加者は11名。サンチャゴに到着した時の様子。カテドラルの前の広場にて。

「巡礼の道」はほとんどが舗装されていない。アップダウンも厳しいところがある。そこで、「巡礼の道」をサイクリングしたり歩いて、時には車を使うグループ、「巡礼の道」の脇にある舗装道路をサイクリングするグループの2つに分けた。

くわしくは、次の機会に紹介します。

青梅駅から奥多摩湖までサイクリング

P5140365_R.jpg



5月14日(日) 5月末からスペインの巡礼の道をサイクリングする仲間と一緒に、トレーニングと親睦を兼ねて青梅駅から奥多摩のダム湖、そして奥多摩駅とサイクリングした。曇り空で、暑くもなくよかった。

P5140346_R.jpg
石川酒造のレストラン前

青梅駅を出発したのは9時前だった。午前中に石川酒造に到着。ここまでは車も少ない。トイレを借りて、飲める人はお酒を買って帰宅後に備えた。

P5140353_R.jpg

だんだんと上り坂になる。桐の花のきれいなところで休憩してもらった。

P5140354_R.jpg

道路脇の藤の花もきれいだった。国立あたりではすでに終わっていると思うのだが、標高が違うのでいろんな花を楽しめるのだ。

P5030309_R_20170517202538ba4.jpg
藤の花はこんな風。この辺り庭が広いなあ。人生における楽しみは何なのか、考えてしまう。

P5140357_R.jpg

発電のためのダム湖か。

P5140362_R.jpg

むかし道というルートを行ったのだが、徐々に上っていた。

P5140364_R.jpg

新緑がきれいな季節だ。木の枝の自由な伸び方に見入ってしまった。スギのようにまっすぐ天井に延びるだけが人生でないように感じた。紆余曲折も楽しもう。サイクリングも同様だ。迷い道、わき道を楽しみたいものだ。

P5140365_R.jpg

あ、ここから昔道。写真はちょっと順番が違うかも。

P5140367_R.jpg

弁慶の腕抜き岩とか、3メートルくらいの自然石の様だ。

P5140374_R.jpg

穴の開いた石を積んで、むかしの人は耳の病気の回復を願ったという塚。病院もないので、病気をこのようにして自然治癒力を引き出したて、回復を願ったのだろう。山の中というか、むかしのくらしを偲んだ。想像力の豊かさにも感服した。穴の開いた石に耳の回復を願う、そんな自然との一体感がいいなあと感じた。

P5140375_R.jpg

大きな木だ。楓だと書いてある。秋の紅葉の時にもう一度見たいものだ。とにかく青葉がきれいだった。次回は秋、歩きかな。

P5140379_R.jpg

今も軒下に薪を積んでいる家並み。薪で炊いたご飯はおいしいのだろう。羨ましく思った。便利さで失ってしまう物事を考えてしまった。不便でもおいしければ‥‥、満足できればいいじゃないか。楽しい一家だんらんに思いを巡らすのだった。子供の遊びのように、足りないものは工夫して足せばいい。それが知恵というものだと思った。

P5140387_R.jpg

多摩湖のダムの近くまでペダルを踏んだ。やれやれ。

P5140389_R.jpg

これで山の位置と名前がわかるらしい。サイクリストも多かった。もっとも、ロードの速い方々がほとんどだったけれど。

P5140392_R.jpg

トイレに行ったら、こんな自転車野郎が鎮座していた。ヘルメットもかぶっていて、かわいい。あまり熱心に走るなよ。風景もそこに暮らしている人との交流も楽しめよ。

P5140394_R.jpg

こんな道を走ってきたらしい。そして、降りていくのだ。

P5140397_R.jpg

登りは必至だったが下りでは、ときどき多摩川にかかっているつり橋を渡って、河口と上流との川幅や植物の違いをカメラでパチリ。

わたしは青梅から電車で帰った。半分ほどのメンバーは立川近郊の自宅まで自転車に乗って帰った。

帰りの電車は、御岳山駅から中国人がたくさんのってきた。外国人も、東京タワーなどだけでなく多摩の自然を楽しみに来ている人が多いんだんなあ。奥多摩も国際化していることがよく分かった。楽しい輪行だった。

わたしはやはり、写真を撮りながら風景を楽しみ、人との出会いを楽しむのんびりとした旅が好きなようだ。

キルギスからの留学生、岐阜市の小学校で講演

img356_R.jpg


毎日新聞岐阜版でキルギスからの留学生による岐阜市立柳津小学校での講演の様子が紹介されました。


ポポーから貴婦人の小指まで、自転車を楽しみながら植物の伝播も夢想


「ポポー」の種

「ポポー」の種を水に浸したのは、5月2日の事だった。昨年、ポポーの種をプランターに蒔いたのだが、まだ芽が出てこない。そこで、他の種を水に浸してみた。浮いていた。ポポーの種は重いのだが、乾いていたようだ。タネが水分を吸って、沈むまで待って種まきをしたい。

P5030309_R.jpg
立川の公園にあった、フジの花。

立川から二子玉川までサイクリングしたのは、5月3日の事だった。友人の先導で立川にある小さな公園に行くと、フジの花が見事だった。人はいなかったが、大きなハチが来ていた。近くを流れる小川には、4人の女の子がいて、ザリガニやオタマジャクシをとって遊んでいた。オタマジャクシは「脚も手も出ていたよ」と女の子たちの観察の伝言。都会にいながらも、教科書ではなく自然に学ぶ姿に感心した。

P5030311_R.jpg
府中の森公園

府中の森公園に行くと、バーベキュー人でいっぱいだった。少子化というが、都心で身近に楽しめる家族連れのレジャーは大繁盛の様だ。こんなことで、子供たちは自然と親しむことができるのだろうか。立川の小川で出会った女の子たちが、たくましく、自然を楽しんでいると感じた。やっぱり、大人は自然よりも経済のエサに釣られて生きている感じがある。政府にコントロールされているということ。主体性は子供の勝ち。

P5040312_R.jpg
トケイソウを買う

5月4日は10キロほど歩いたが、トケイソウを買ってきた。これまでに2回買ったのだが、枯らしてしまった。それでもう一度となったのだった。

2008年頃だったろうか、クロアチアを南下するサイクリングを仲間と一緒にしたことがある。イスラム教徒のキリスト教徒のお墓は明確に分かれていた。居住区は混在している様だった。

イスラム教徒の居住区を走っていると、「一緒に飲んでいかないか」と女性に声をかけられた。日曜日で、家族で庭でバーベキューをしていた。1杯だけ飲ませてもらった。「サイクリングの続きがあるので、ゆっくりできないんだ」と応えて、ボールペンを渡した。日本から来ていて中も間一緒だと加えた。

その塀垣になっていたのが、時計そうだった。その時は名前を知らなかった。偶然のも、友人のジャーナリストの高世仁さんが「奥さんが買ってきた」とブログで掲載していたのが、時計草だった。

その後、2回買って育ててみたのだが、枯れてしまった。今度の苗は大きく育っているので、もう一度買ってみた。パッションフルーツが実るようなので、それも楽しみだ。

P5040314_R.jpg

隣りにある植木鉢を見ると、「貴婦人の小指」とうブドウが、芽を出していた。ウズベキスタンのブドウだ。実りの時期は分からないが、わたしが生きているうちにに乗ってほしいものだ。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:silkroadcycling
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スペイン「巡礼の道」サイクリング (11)
ユーラシア大陸横断サイクリング (47)
講演会のお知らせ (41)
古代道路 (11)
日記 (55)
シルクロード雑学大学 (14)
未分類 (30)
シルクロードと日本 (40)
「ツール・ド・シルクロード10年計画」 (12)
チベット文化圏 (16)
シベリア抑留 (17)
国内サイクリング (36)
海外サイクリング参加者募集 (5)
写真展のお知らせ (15)
シルクロードの旅のお知らせ (6)
シベリア抑留・キルギス (21)
本の紹介・自転車 (7)
本の紹介・自転車・日本国内 (1)
本の紹介・シルクロードの楽器 (3)
コミックの紹介・自転車 (1)
西安ウォーキング (1)
本の紹介・最近のシルクロードと中央アジア (5)
展示会などのお知らせ (15)
海外サイクリング (13)
シルクロードの植物の栽培 (36)
キルギス・サイクリング (20)
自転車事情 (2)
シルクロードを歩く (3)
支倉常長の足跡 (10)
多摩川サイクリングロード (15)
リンク (1)
東日本大震災 (2)
多摩丘陵 (3)
佐渡・新潟・北陸 (1)
河西回廊ウォーキング (5)
佛教の南北伝播 (1)
学食巡りサイクリング (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR